「WindowsApps」配下の「HxTsr.exe」ファイルを取得する2つの方法【かんたん】

スポンサーリンク
PC関連
スポンサーリンク

今の私の仕事で社内SEの業務をしていて、
その中の1つにトレンドマイクロ社製のウイルスバスターの検知対応があります。
社内のPCでウイルスバスターで検知のあった内容に対して、
ウイルスだったら除去といった適切な対応を行うといったものです。

その中で下記のポップアップが上がったとの報告が挙がったんです。

【不正な挙動の検出】
ウイルスバスターCorpで挙動監視のポリシー違反が検出されました。
ブロックされたアクセスは次のとおりです。

ウイルス管理サーバのログから検知された対象ファイルを確認すると、

C:\Program Files\WindowsApps\(※端末ごとに違います)\HxTsr.exe

※上記パスのWindowsApps配下は端末によって変わります。
どうやら「HxTsr.exe」と呼ばれるexeファイルを検知したようです。

トレンドマイクロのサポートセンターに問い合わせすると、
では「HxTsr.exe」を採取してください。との回答が返ってきました。

ほいほいほーい。と鼻くそほじりながら、
対象パスであるWindowsAppsから「HxTsr.exe」を取りに行こうとするじゃないですか。

このフォルダーにアクセスする許可がありません。
[続行]をクリックすると、このフォルダーへの永続的なアクセスを取得します。

リマークス
リマークス

なんかデタヨ!!

アクセス許可するのに四苦八苦してしまい、意外と時間を要してしまいました。

この記事では
①「HxTsr.exe」ファイルを採取する方法
②WindowsApps配下のアクセスする方法
について書いています。
当記事ではあくまで「HxTsr.exe」ファイルの取得方法です。
「HxTsr.exe」ファイルの実行や削除してしまって不具合があっても私は責任を負えません。
スポンサーリンク

「HxTsr.exe」ファイルを取得する2つの方法

先に結論を書いてしまいますと、
「HxTsr.exe」を取得するには下記の2つの方法があります。

①インターネットエクスプローラー(IE)へパスを直打ち
②Windowsappsのセキュリティ権限を許可

どちらの方法でも取得です。
作業時間が少なく面倒くささを考慮すると、
いちばん簡単なのは①インターネットエクスプローラーへパスを直打ちです。

スポンサーリンク

【方法①】インターネットエクスプローラー(IE)へパスを直打ちして「HxTsr.exe」を取得する

さきほどの私のPC端末で言うならば、これ(下記)ですね。

C:\Program Files\WindowsApps\(※端末ごとに違います)\HxTsr.exe

①検知ログ上に全てのパスが表示されているはずなので、
 フルパス(C:からHxTsr.exeまで)をコピー。

②インターネットブラウザー(IE等)を起動しURL欄に先ほどコピーしたフルパスを張り付け実行。

③画面下部に「実行」または「保存」しますか?とポップアップが上がります。

 ※下記の画像はIE(Internet Explorer)で実行しています。

④「保存」の横の▼をクリックし、名前を付けて保存をクリック。

⑤任意の場所に「HxTsr.exe」ファイルを保存して終了。

スポンサーリンク

【方法②】WindowsApps配下のアクセス件を許可して「HxTsr.exe」を取得する

【事前作業】
ブラウザーを起動しC:\Program Files\に移動。
ここでWindowsAppsが表示されていない場合、
「表示」タブ⇒「隠しファイル」にチェックを入れる。

①「WindowsApps」の上で右クリックし、「プロパティ」をクリック。
②「WindowsAppsのプロパティ」画面
 「セキュリティ」タブの「詳細設定」をクリック。

③「WindowsAppsのセキュリティの詳細設定」画面
 所有者:の右側「変更」をクリック。

④ユーザーまたはグループの選択画面
 「詳細設定」をクリック。

⑤ユーザーまたはグループの選択画面
 「検索」をクリック。

 ※会社端末の場合(ADサーバで登録している場合)、
  「次の文字で始まる」欄にユーザーアカウント名を入れると検索結果が早く表示されます。

⑥検索結果に表示される「Administrators」をクリック(選択)し、
 「OK」ボタンをクリック。

  ※会社端末の場合(ADサーバで登録している場合)、
  「対象ユーザーアカウント」名を選択し「OK」ボタンをクリック。

⑦ユーザーまたはグループの選択画面
 Administratorsが入っていることを確認し、「OK」をクリック。

⑧WindowsAppsのセキュリティの詳細設定画面
 「アクセス許可」タブに「Administrators」が追加されていることを確認し、
 「OK」をクリック。

⑨「WindowsApps」フォルダ以下にアクセスが可能となっているはずなので、
 検索窓に「HxTsr.exe」と入力するなり、
 ファイルパスをコピペして「HxTsr.exe」ファイルまでたどり着くことが可能です。

あとは「HxTsr.exe」ファイルをコピーしてデスクトップ等に保存して完了です。

ちなみにこの方法は下記サイト様の方法を参考にさせていただきました。
ありがとうございます。

スポンサーリンク

最後に

「HxTsr.exe」を取得するのに
①IEから直打ちする方法
②WindowsAppsのアクセス許可する方法
2パターンの方法を紹介しました。

どうやって「HxTsr.exe」ファイル取得すんねん!と頭を悩ませていた矢先、
「こうやったらいけるんじゃない?」と先輩が5秒で教えてくれたのが①の方法でしたw
(ありがたいことなんだけどアッサリ解決しちゃったー!!と思ったのは内緒)

ではでは本日はこんなところでばいきゅ!

こちらの関連記事もどうぞ。

PC関連
スポンサーリンク
スポンサーリンク
remarks!をフォローする
スポンサーリンク
リマークスのゲームと生活まとめ

コメント