【オーバーウォッチ】今更モイラの正しい運用方法に気づいた件

スポンサーリンク
PS4
スポンサーリンク

オーバーウォッチ(PS4版)のプレイ時間を何気なく確認したところ、なんと541時間も費やしていました。
オーバーウォッチは1回だいたい10分から15分程で気軽に遊べるゲームなのですが、
まさかこんなにも遊んでいたとは驚きました。
こんなに遊んだゲームは私の人生の中で2番目に多いゲームになりました。
ちなみに1番はモンスターハンターポータブル2ndGの1,000時間です。

その中でもモイラというヒーラーでありながら、メインの回復も行いつつ、
攻撃にも転じられる少し尖った性能のキャラが好きでよく使っています。
このキャラは使用時間89時間と私のキャラ使用率では2番目に多いキャラになります。

ちなみに1番はトールビョーンでした。
地雷やんけwwwと思われそうですが、いやらしい所にタレットをこそっと設置して、
敵と挟み撃ちにして倒すのが好きな性格なのでご勘弁ください。
そんなトールビョーン+タレットの実質2人(1.5人くらい?)であり、
買った当初から遊んでいたので、1番使用回数が多いです。

さて、話は戻してトールビョーンの次にモイラが好きなので、
そのモイラを89時間使用して、ようやく最近になって運用方法が分かってきたので書いてみました。

スポンサーリンク

注意事項

私はランクを上げることに殆ど興味を持てず、もっぱらクイックで遊んでいます。
腕前はランクでいうところのシルバー帯です。
ランクを1つの指標とするならば、私は下手くそなプレイヤーになります。
あくまでこの記事は私の所感や運用方法であって、モイラの運用方法を強要するものではありません。
遊ぶ半分に見ていただけると幸いです。

アビリティ

バイオティック・オーブ

黒い球:投げた先の軌道上の敵にダメージ
黄色球:投げた先の軌道上の味方を回復
※この球は1回につき、どちらか片方しか投げられません。

実装当初から長い間は黒い球を敵のグループ付近に投げ込んで断続的にダメージを与えて、
体力が減った敵を狙ってバイオティック・グラスプで追撃して俺TUEEEEEEE!!してました。
前へ前へ出てひたすら黒い球を投げて追撃してキル金を取ってうぇーいwww
あぁ調子に乗っていた頃が今となっては懐かしいですね。

例えそれでキル金を取れても、勝負には勝てないのがオーバーウォッチの深い所

このやり方は本当にオススメしません。
何故ならモイラはヒーラーであって、アタッカーでは無いのです。
この辺は後述します。

バイオティック・グラスプ

エネルギーを飛ばし攻撃を行う。(弾数無制限)
また、回復ゲージを消費してエネルギーを放出し、触れている味方を回復。
別名:カレー粉

これと黄色の球と組み合わせると、瞬間的な回復量では他のヒーラーを凌駕できます。
回復ゲージを消費する為、他のヒーラーのように回復をし続けることは不可能です。
その為、ここぞという場面で回復ができるよう回復ゲージの管理がものすごく重要です。

バイオティック・グラスプで攻撃しながら回復ゲージを貯めつつ、
周囲の味方の体力を見ながらの立ち回りが必要になってきます。

フェード

短距離を一瞬でテレポート。
基本目に温存、ここぞという時の為に温存、絶対温存して方が良いです。

間違っても昔の私みたいにオラオラオラ!とオラつきながら、
黒い球を投げる→フェード→バイオティック・グラスプで追撃するのはオススメしませんw

基本的に逃げる用です。

D.Vaの自爆からも一瞬で回避できますし、
周囲の味方が倒れて孤立している時に、一旦味方と合流する時に使いましょう。

コアレッセンス(ULT)

これも使うタイミングがとても難しいのですが、
敵の集団がピンピンしている時に使用するのは悪手な気がします。

予めこちらの味方が攻撃していて体力を消耗させていた場合のひと押しや、
相手の敵が半分以下になっている時に掃討する方が効果的な場面が多かったです。

その他には乱戦になっている時に味方に当て回復してあげて、前線を維持する時にも使えましたね。

有利なヒーロー

体力が低いゼニヤッタやマーシー、ルシオ、アナ相手だと強いです。
1対1で対面しても力負けしないので、多少強引には攻められます。

トレーサーやゲンジは多少有利です。
ただこれは相手の技量にもより、
裏取りされ奇襲された状態だと負けることも多いですので過信はしないようにしています。

そもそもモイラはあくまでヒーラーですので、その範疇を超えてキルを狙いに行くべきでは無いと思います。

苦手なヒーロー

タンク系は全般苦手だと感じています。
1対1で対面したらまず体力をあっという間に削られるので、
こういう時の為にフェードを温存してとんずらしてます。

あとはファラやリーパー、マクリー、ドゥームフィストなんかも逃げますね。
アタッカーだけあって火力が凄まじく一瞬で溶かされます。
昔のオラオラしていた頃は・・・えぇ、もう言わずもがな分かりますね。

立ち回り

調子乗って時なんかは、開幕の扉が開いた瞬間に黒い球を投げつけたりしました。
これはオススメしません。

なぜか?D.Vaがいると簡単に球はかき消されてしまいますし、
何より黒い球1つ投げたところで与えられるダメージは知れています。
そのまま相手のヒーラーのULTの養分にされてしまうのがオチです。

タンクの後ろやアタッカーの後ろに陣取って、
カレー粉や黄色の球を投げて回復することに努めるのです。
黒い球を投げるのはこちらが攻勢にまわっている時や、近くの敵が体力僅かの時ぐらいで構いません。

えぇ!?せっかく尖った性能だから攻めて攻めて攻めまくりたい!等と思われるかもしれません。
現に少し前の私はそういう運用をしていましたが、もう一度言います。

モイラのロールはヒーラーであり、アタッカーではないのです。
黒い球やバイオティック・グラスプのダメージ量は知れています。

状態異常の毒ってありますよね。
あんな感じでジワジワとダメージを与えるようなものです。
ポケモンで例えるなら体力満タンの相手と対面し、
タイプ一致の地震や飛び膝蹴りを受けるようなもんです。
そんなもんくらったら即死ですw

敵にちゃちゃ少しでも入れて、その敵が倒れたらそりゃキル金も取れます。
しかしオーバーウォッチは6人で戦うチーム戦なのです。
モイラの本文はヒーラーであり回復することです、モイラの与える攻撃は知れています。

その攻撃の役割は他の味方(アタッカー)に任せるとして、
モイラは他の味方を回復することで戦線を維持しましょう!

味方を死なせない。このことに最近気が付いて、
回復することと回復ゲージを貯めることを意識し、モイラを運用してからぐっと勝率が上がりました。

攻撃するのも良いですが、回復している時も案外、気持ちい場面が多いんですよ。
最近あったことで今でも覚えているのは、
味方が固まっているところに、ザリアのULTを打たれたんです。

後ろから黄色の玉を投げつつ、カレー粉を投げながら
「うぉぉぉぉ、死ぬんじゃあない!死なないでくれぇぇぇぇぇ!!
この回復ゲージを全部使い切ってでも、味方を生存させるぞぉぉぉ・・・・ハァハァ」

とダイの大冒険のポップみたいな感じで呟いていますw

まぁ、たいがい味方死ぬんですけどねww
それでも生き残った時は違う意味でやりがいを感じます。
よっしゃぁ、生き残ったぁ!さぁ、立て直そうぜ!とテンション上がりますからね。

そんなわけで今更オーバーウォッチのモイラの誰得指南でした。
ではでは、楽しくハロウィン・テラーを楽しみましょ!ばいきゅ。

2018年のハロウィン・テラーの新スキンを書いた記事はこちらです。

コメント