【チョコボの不思議なダンジョン エブリバディ!】脱出と再突入を繰り返すことがこのゲームの生存術という話

スポンサーリンク
PS4
チョコボの不思議なダンジョン エブリバディ!_20190323170347
スポンサーリンク

そろそろ私のブログも月10,000PVが見えてきまして、
雑記ブログともゲームブログともとれる私のブログを見に来てくれている、そこのあなた!!
いつもありがとうございます。
PVというのは目に見える指標の1つとして、
モチベーションへと繋がっていて本当に嬉しいですし感謝しています。(ペコー)

本日も「チョコボの不思議なダンジョン エブリバディ!」の記事になります。

ブログの記事を見てくださってる方には薄々勘づいているかもしれませんが、
同じカテゴリ、同じゲームで比較的、短い間隔で記事を書くという事は、
私がそのゲームに大ハマりしているということです。

まさか新キラー(プレイグ)が実装されたばかりの「Dead By Daylight」を差し置いて、
こんなにも「チョコボの不思議なダンジョン エブリバディ!」にハマるとは自分でも驚きです。

スポンサーリンク

「チョコボの不思議なダンジョン エブリバディ!」での生存術

今作なかなかダンジョンの歯ごたえがあって進みにくいということありませんか?
私は「トルネコの不思議のダンジョン」や「風来のシレン」等のシリーズを遊んできたこともあり、
「不思議のダンジョンのド素人じゃないんだぜ?」
「不思議のダンジョンには幾度となく潜り、酸いも甘いも知っているんだぜ?」
先輩風を吹かせて今作でも潜りこんでいたところ、
幾度となく全滅しその度に装備を消失させてきました。
それくらい今作はなかなか歯ごたえが高いように感じています。

ちなみにこの記事を書いてる数時間前にも無茶しちゃいまして、
普通にダンジョン内で全滅してしまい、
めっちゃ鍛えた装備(ルビー装備+33くらい)失ってしまいました。

そんな過去の自分への注意を含め、今作での生存術を書いていきたいと思います。
以降の見出しは下記のとおりです。

  • 兎に角にもレベルを上げて最大HPを増やしていこう
  • 「テレポの羽」は必ず持ち込み、ダンジョン内では無理せず脱出しよう
  • バディの残りHPを気にしながら守りつつ攻略しよう
  • 与えるダメージが増える爪よりも、受けるダメージを減らすクラを強化していこう

兎に角にもレベルを上げて最大HPを増やしていこう

チョコボはレベルを上がるたびに最大HPがどんどん増えていき、
それはバディのHPに関しても同様となっています。

今作では例えダンジョン内で力尽きたとして、
アイテムを失ってもレベルはそのままの継続性となっています。
その為、いかにレベルを上げて最大HPを増やしていくかが重要だと考えています。

なぜそう思うのかと言いますと今作におけるボスの攻撃、
特にHPが減った時に行ってくる力を溜めた後に行ってくる攻撃は、
仮にチョコボのHPを全回復していても、最大HPを超えるダメージを受けることがあります。

私も第4章のボスの攻撃によって、
最大HP以上の攻撃を受けオーバーキルされた経験がありますw
その時はフェニックスの尾を使っていてので即座に蘇生しましたが、
HP全回復したとしても即死だったとのかと思うと肝が冷えました。

実際「あぁ、あと少しHPがあれば耐えられたのになぁ。」とか、
「あと2発耐えたいのにHPが足りない」といった状況は少なくありません。

即座に階段を下りずにアイテム回収しつつ、
積極的にモンスターを倒して経験値を稼ぎレベルアップを目指しましょう!

デュエルルームに出てくる「ミニテンダー」を倒したり、
「しあわせの爪」を合成して「福の印」を付けることで経験値を多く取得可能です。

「テレポの羽」は必ず持ち込み、ダンジョン内では無理せず脱出しよう

  • 状況1:バディが力尽きていてチョコボだけなのに階段を降りようとしていませんか?
  • 状況2:モンスターに囲まれている状態で被ダメージを気にせずむやみに攻撃していませんか?
  • 状況3:ボムの爆発や地雷でHPが残り少ない状態で回復手段がないのに歩き回っていませんか?

上記はあくまで例で挙げてみましたが、
ダンジョン内では往々にしてよく起こる事象です。

私の経験でいうと大型地雷を踏んだあと、
回復する手段がなく彷徨っていたんですよ。
なにかの薬が落ちているのを見つけ「やった!すぐ飲もうと」と拾いに行った矢先、
その手前の落石の罠で吉本新喜劇のコントみたいな死に方もしましたからねw

何が言いたいかというと、
ピンチの時は無理をせず脱出しましょう!

そもそもダンジョン内でピンチになっている時点で、今のレベルや装備では余裕とは言えません。
余裕がない状態でダンジョン内を探索したところでどこかで力尽きるでしょうし、
そのままボスに挑んだところでボスに苦戦することは目に見えています。

私の体験上、ダンジョン内のモンスターを楽に倒せるようになってきて、
ボスにようやく挑めるレベルのように感じますね。

無茶しても結局その先でつまづくことが多いので、
素直に「テレポの羽」街へ戻り体制を立て直しましょう。

またダンジョンに入る際も脱出する為の保険として、
必ず「テレポの羽」を持ち込んでから潜りましょう。
有るのと無いのでは気持ち的にもだいぶ変わりますよ。

バディの残りHPを気にしながら守りつつ攻略しよう

モンスターに囲まれている時やモンスターハウスに遭遇した際、
モンスターとバディの位置取りを間違えるとバディは簡単に力尽きてしまいます。

「チョコボさえ無事ならそれでええんや!」
「バディなんて使い捨てなんや!」な~んてバディをぞんざいに扱っていませんか?

バディが力尽きてしまいチョコボだけになる状況下に陥ると、
すぐさま下記のデメリットを自覚するでしょう。

  • モンスターの攻撃の対象が全てチョコボとなり被ダメージの増加
  • チョコボだけが攻撃する為、モンスターを倒すのに時間がかかる
  • チョコボのアビリティの使用頻度の増加

「バディシステム」のおかげで、
チョコボ1匹+仲間1人もしくはモンスター1匹の計2匹1組で、
ダンジョンを攻略する為、難易度もそれに応じて作られています。

その為、バディが力尽きてしまうとデメリットで挙げたように、
このゲームの難易度が一気に跳ね上がってしまいます。

バディの位置取りを考えるのが難しいのであれば、
チョコボとバディの位置を入れ替えるようにして、
モンスターからの攻撃をチョコボが引き受けるようにするとしてみましょう。

チョコボ自身の残りHPを気にするのはもちろんのこと、
バディの残りHPを気にしつつバディが力尽きないよう位置取りを考え動くようにしましょう。

与えるダメージが増える爪よりも、受けるダメージを減らすクラを強化していこう

モンスターを少しでも早く倒すために爪を強化するか、
モンスターから受けるダメージを抑えるためにクラを強化するか、難しい問題ですよね。

私は少しでも被ダメージを抑えことがチョコボの生存率を上げられるので、
まずはクラから強化してそのあとに爪を強化しています。

今作ではモンスター自身や他のモンスター同士でヘイストで2倍速になったり、
攻撃力アップやスロウでチョコボをデバフを多用してくるモンスターも多く、
例えばパワー系のモンスターである鉄巨人が強化されると、HPをゴリゴリと削られています。

おまけに開幕大部屋モンスターハウスの頻度も多い為、
そういった状況下で無傷で突破できる可能性は低いので、力尽きない為にもクラから強化しましょう。

チョコボ自身が力尽きない為にもまずはクラから強化しましょう。

生きていればなんとかなることが多く、

まずは死なない立ち回りをする前にクラから被ダメージを減らしましょう。

スポンサーリンク

私のオススメのジョブは「白魔導士」と「魔獣使い」

【白魔導士】

「白魔導士」のジョブに関しては、
「ローチェ神父」の記憶をクリアーすることで手に入ります。

「白魔導士」のアビリティの利点としては、下記の通りです。

  • 「ケアル」でチョコボのHPを回復可能であり、SP1で使用可能。
  • 「プロテス」で物理防御力を上げることが可能。
  • 「シェル」で魔法防御力を上げることが可能。
  • 「マバリア」でモンスターからの攻撃魔法を完全無効化(ダメージ0)

スーパーロボット大戦で例えると「マジンガーZ」が精神コマンド「鉄壁」つけて、
敵の陣地に突っ込ませても全く問題ないくらい要塞化するんですよ、チョコボが。
※「鉄壁」:1ターンの間、敵からの被ダメージを1/4にする。

変なたとえで余計に分かりにくいわ!と思うかもしれませんが、
アビリティのおかげでチョコボが死ににくくなるという認識で構いません。

はっきり言ってそこらに落ちている「ポーション」や「ハイポーション」がいらなくなります。
なんならカバンがいっぱいで何を捨てようかという時、
「ポーション」や「ハイポーション」が捨てる候補に入ります。

【魔獣使い】

「魔獣使い」のジョブに関しては、
「アトラ」の記憶をクリアーすることで手に入ります。

「魔獣使い」のアビリティの利点としては、下記の通りです。

  • 「いたわる」で白魔導士の「ケアル」同程度、チョコボとバディのHPを回復可能。
  • 「みをまもれ」で 白魔導士の「プロテス」と同じ効果をチョコボとバディに与える。
  • 「けっかい」で 白魔導士の「シェル」と同じ効果をチョコボとバディに与える。
  • 「よびだす」で1フロアに1回だけバディチェンジ可能。

ん?「白魔導士」と「魔中使い」の違いは何?と思うかもしれません。
分かりやすくいうとアビリティの対象が違います。

「白魔導士」:「チョコボ」だけが対象
「魔獣使い」:「チョコボ」+「バディ」が対象

なんだ「白魔導士」の上位互換が「魔獣使い」じゃないか!と思うかもしれませんが、
「魔中使い」では回復に関しては白魔導士には劣ると考えた方が良いかもしれません。
「白魔導士」は回復に関しては群を抜いていて「ケアル」「ケアルラ」「ケアルガ」と三段階ありますが、
「魔獣使い」は「いたわる」「てあてする」の2段階までであり、消費SPも白魔導士に比べて多いのです。

「白魔導士」「魔獣使い」、両者とも一長一短があり、
プレイスタイルやその時のバディに応じて切り替えることをオススメします。
どちらも回復手段や防衛手段が豊富の為、死ににくなるという点は共通しています。

スポンサーリンク

私のオススメのバディは「シロマ」と「フェニックス」

最後に私のおすすめバディを簡単に紹介します。

【シロマ】

「シロマ」は第4章以降にバディにすることが可能です。

アビリティ「ケアル」でチョコボのHP230程の回復に加え、
消費SP1.5なので前述のジョブ「白魔導士」と同じ感覚で使用できるのが心強いですね。
「ポーション」をがぶ飲みできる感覚なので、深層階でも安心して潜れます。

【フェニックス】
「フェニックス」は第2章の火の神殿のボスであり、
倒し続けてBP(バディポイント)を一定数取るとバディとして使用可能です。

アビリティ「転生の炎」は消費SP4と多いものの、
チョコボのHPを全回復+リレイズ効果をチョコボに付けます。
ボス戦時やモンスターハウス等での保険としてめちゃくちゃ安心しますよ。

スポンサーリンク

まとめ

難易度「ハード」だと先ほどの各項目を全て満たしていかないと、
全く歯が立たないくらい敵やボスが強いこともあり、
人によっては挫折しかけかねないと思い記事にしてみました。

もちろん冒頭でお伝えした通り、
ついつい無茶してしまい力尽きてしまった私自身への注意も兼ねていますw
みなさんも無茶せず危ない!と思ったらすぐさま脱出しましょう。
無理して進んでも無理したら分、あとでその反動がきますから。

ではでは、こんなところでばいきゅ!

PS4 ゲーム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
remarks!をフォローする
スポンサーリンク
リマークスのゲームと生活まとめ

コメント