【ネタバレあり】「トイ・ストーリー4」 はおもちゃの存在意義を観客に問う名作だった

スポンサーリンク
レビュー
スポンサーリンク

「トイ・ストーリー」の最新作である「トイ・ストーリー4」を観てきました。
観る前から「衝撃の結末」という謳い文句通り、記憶に残る強烈な終わり方でした。

この記事は「トイ・ストーリー4」の感想について、ネタバレを含む感想を書いた記事となります。
※まだ観ていない方やネタバレが嫌な方はブラウザバックお願いします。

スポンサーリンク

「トイ・ストーリー4」のあらすじ

さかのぼること9年前。
嵐の日にラジコンカーのRCが外で流されそうになっている状況下、
ウッディとボーピープは無事に救出を成功させることができます。
しかし同日にボーピープは他の家へ譲られてしまいお別れとなります。

そして前作「トイ・ストーリー3」の最後にて、
アンディからボニーの元へと渡ってから2年後の話へと繋がります。
ボニーは相変わらずジェシーやバズ・ライトイヤー、ポテトヘッドと遊ぶ反面、
ウッディは遊んでもらう頻度が少なくなってしまい埃を被ってしまうほどです。

そんなある日ボニーが幼稚園の体験入園をするものの、
内気な彼女はなかなか馴染むことが出来ません。
そんな彼女を見かねたウッディのフォローもあり、
先割れスプーンを元に手作りおもちゃ「フォーキー」を工作するのです。

しかし「フォーキー」はゴミから作られた為、おもちゃではなくゴミだと認識しており、
事ある毎にゴミ箱へと入っていこうとしてしまいその都度、ウッディが阻止します。

そしてお父さんから旅行に行こうとキャンピングカーで旅行へ行った際、
フォーキーは車の窓の外へと飛び出してしまいます。
ウッディはフォーキーがいなくなってしうとボニーが悲しむと思い、
連れ戻す為に追いかけていくのです。

フォーキーと再会しウッディがボニーやアンディとの思い出話を話す途中、
前を通りかかったアンティーク店にてボーピープの電気スタンドを発見し、
もしかしたらボーピープがこの店にいるのかもとしれないとウッディは店の中へと足を踏み入れます。

「トイ・ストーリー4」日本版予告

「ボー・ピープ」の変わりっぷりに驚いた

「トイ・ストーリー4」から観る人にとっては、
なんだか活発な女性だなぁという印象でしょうか。

「トイ・ストーリー」から観ている私にとって、
「ボー・ピープ」ってこんなキャラやったっけ?と思えるくらいキャラが変わっているのです。

まずはこちらのツイートをご覧ください。
(左:今までのボーピープ 右:今作のボーピープ)

リマークス
リマークス

全然、別のおもちゃやん!!
なにこの高校デビューしました感!!

もちろんこれには訳があって、服装面に関しては下記の理由です。

■ピンクの頭巾や上着は持ち主が変わるごとに紛失。
■折れてしまった右腕はテープで接合。
■手に持っている杖はテープで接合。

そして何より顔つきも、
穏やかな顔つきから凛々しい顔つきへと変わっています。
これは過酷な環境下で生き抜いてきた証でもあります。

「ボー・ピープ」は自ら「持ち主のいない(迷子の)おもちゃ」の道を選んだ

「トイ・ストーリー」の世界観では主に2種類のおもちゃに分別することができます。
「持ち主のいるおもちゃ」:該当するおもちゃ「ウッディ」「バズ・ライトイヤー」
「持ち主のいない(迷子の)おもちゃ」:該当するおもちゃ「ボー・ピープ

「ボー・ピープ」は元々アンディの部屋の電気スタンドに付属していた陶器製の人形でした。
そこからアンディの妹「モリー・デイビス」、さらに彼女の知人の男性へと手渡されています。
さらにアンティーク店へ売り捌かれてしまい数年を過ごした後、
同じ場所に居続けることが嫌になり脱出した結果、
世界が広いことを知り自ら「持ち主のいない(迷子の)おもちゃ」として旅を楽しんでいるのです。

また「持ち主のいないおもちゃ」として旅しているぐらいなので、
肝が据わっているエピソードが劇中でも多々見ることができました。

テープで接合していた腕が取れてしまいウッディが叫んでいるのを見て、
同じく「ボー・ピープ」も一緒に叫ぶものの「大丈夫よ、これくらい。」と言えてしまう。

アンティーク店に潜入する計画策定や、
「ウッディ」が先走ってしまい見つかった後のリカバリーに関しても、
邪魔してくる腹話術人形の「ベンソン」にも臆することなく立ち向かう。

「トイ・ストーリー4」のみんなの感想(賛否両論)

「トイ・ストーリー4」は公式ページのキャッチフレーズでも、
「衝撃の結末」ということから賛否両論あるんだろうなぁと思っていました。
なので鑑賞するまでは絶対にTwitterで検索してネタバレを観ないようにしてましたねw

「トイ・ストーリー4」が最高だったという意見

「トイ・ストーリー4」が最悪だったという意見

「ウッディ」は今の環境と新しい環境を比べた結果、決別する道を選ぶ

今作の賛否両論に分かれるのはここだと思います。

「ボー・ピープ」達の助けを借り「フォーキー」を無事に救出することができ、
ボニー達のキャンピングカーに残っていたおもちゃとも合流するシーン。

「ウッディ」の足の裏には最初は「アンディ」、現在は「ボニー」の名前は書かれています。
今までの「トイ・ストーリー」の感覚から私を含め観客の大多数は、
きっとこのまま「ボニー」の元へと帰るものだと想像したことでしょう。

目の前には「バズ・ライトイヤー」を含むおもちゃ達が迎えに来てくれているのに対し、
ウッディはまさか踵を返し「ボー・ピープ」と一緒に旅する道を選んだのです。
つまり今後は「持ち主のいない(迷子の)おもちゃ」としてウッディは生きていくということであります。

過去作「トイ・ストーリー」を通じて一貫してテーマとして掲げていたことは、
子どもたちに楽しく遊んでもらうことがおもちゃとしての本質であり、
「ウッディ」含む他のおもちゃ達もおもちゃ冥利に尽きると言っても過言ではありません。
しかし今作「トイ・ストーリー4」の中ではその概念がぶっ壊されてしまいました。

持ち主に遊んでもらうことが全てのおもちゃの楽しみではない、
広い世界を知り旅する楽しみを知ってしまった「ボー・ピープ」の存在にあります。
彼女は一部が変わり果てた姿になってしまっても、
全く気にも留めないほど今の環境が気に入って生きていきます。

それに対して「ウッディ」はどうでしょう?

残酷な言い方をしてしまうと「ボニー」に飽きられていて、
いちばん旬のおもちゃなのは「フォーキー」な訳です。
クローゼット内の奥にしまわれて遊ばれないのはどうなのか?

そこで劇中で何度か出てくる「内なる声」という描写ですね。

「ウッディ」自身の幸せを考えると「ブー・ピープ」と旅する方が良い

「ウッディ」が決断したのは葛藤した末の内なる声に耳を傾ける。という描写です。

ここでの内なる声と言うのは「バズ・ライトイヤー」がギャグシーンとして見せていた、
おもちゃの機能として録音されているボイスを流すことではもちろんありません。
「ウッディ」が今後どうしたいのか?考える力のことを指します。

最後の「フォーキー」を連れて「ボニー」の元へ帰るシーン。
ここで観客としてはやっぱり持ち主である「ボニー」の元へ帰ることが、
「トイ・ストーリー」でのおもちゃの立ち位置として臨むのが理想像と思いがちです。
もう少し細かく言うならば過去作の「トイ・ストーリー」を見続けていると、
悪者から仲間のおもちゃを救出して持ち主の元へと帰すことが正解だという価値観に囚われるのです。

「ボニー」の元へと帰った場合は遊ばれないおもちゃとして日々が待ち、
「ブー・ピープ」と旅をする場合は広い世界を旅する刺激的な日々が待っています。
リマークス
リマークス

ウッディ自身の幸せを考えると寂しいけど後者だよね・・。

それでも「バズ・ライトイヤー」が「こっち(ボニー)は大丈夫だ」と言ったあと、
「ウッディ」と「バズ・ライトイヤー」が抱きしめ合うシーンはさすがに泣いてしまいましたね。

最後に

過去作を全て観てきたいち「トイ・ストーリー」ファンからすると、
なかなか記憶に残る強烈な終わり方だったと思いました。

今作で改めておもちゃとしての存在意義は何なのか考えさせられるいい機会になりましたし、
「トイ・ストーリー3」でもはや「アンディ」の元を離れた次回作はどう着地するのか?
気にしなって仕方ありませんでしたが、なかなか上手い着地だったのではないかと思います。

仮に次回作である「トイ・ストーリー5」が作られ始めているのであれば、
「ウッディ」を主役に「ブー・ピープ」と旅するシリーズとして枠組みがさらに広がることになります。
その場合は相棒であった「バズ・ライトイヤー」の登場は難しくなりますが、
シリーズ物としての寿命を考えた場合は長生きできるとポジティブに考えることが可能です。

私はここまでの感想を観ていただくと分かると思いますが、最高の名作だと感じましたね。

ではでは、本日はこんなところでばいきゅ!

コメント