【レビュー】PS4版「ディヴィニティ2」は知的好奇心がある人ほど面白く感じられるスルメゲーでした。

スポンサーリンク
PS4
スポンサーリンク

私は今までスーパーファミコンの「大貝獣物語」から始まり、
PS4の「ドラゴンクエストⅪ」といった様々なRPGを遊んできました。
ゲームが趣味の私にとっていちばん好きなジャンルはRPGです!と言っても過言ではありません。

そんな私が「自由度高すぎやろ!」「今までの型にハマったRPGではないやん!」と唸らせたのが、
「ディヴィニティ:オリジナル・シン2 ディフィニティブエディション」です。
タイトルが長すぎるので以降、「ディヴィニティ2」と記載)させてくださいw

本記事はこの「ディヴィニティ2 」のレビュー記事になります。

結論から先に言うと「ディヴィニティ2」は、
ひと癖もふた癖もあり、誰にでもハマるような敷居の低いゲームではありません。
しかしその面白さを知ってしまうと病みつきになることは保証します。
自分から知的好奇心で楽しめる人にとっては「デヴィニティ2」はとても面白いはずですし、
逆に言うと指示待ち人間や円滑に進めないとストレスに感じる人には向いていないともいえます。

リマークス
リマークス

万人受けしないけどハマれる人はハマれるゲームです。

スポンサーリンク

「ディヴィニティ2」はどんなストーリー?

ヴォイドウォークン

神々の覇者、神人ルシアンは世界を飲み込む<虚無>から
「リヴェロン」を救うために自らを犠牲にした。
だが、神の犠牲もリヴェロンに平和をもたらすことはなかった。
<虚無>の使いであるヴォイドウォークンが台頭し、世界に死、破壊、そして恐怖がもたらされた。
ルシアンの息子にして、現在、神聖騎士団を率いるアレクサンダーは、
ソース使いを捕らえるために神聖騎士団を動かしている。
彼の顧問であるダリスが、ヴォイドウォークンはソースの力に惹かれるという事実に気づいたのだ。
本作は、哀れにも捕らえられたソース使いたちが、その力を封印され、
孤島に送られるところより幕を開ける——
「ディヴィニエィ2」 ストーリー

リマークス
リマークス

専門用語多すぎでイミフw

  1. 「リヴェロン」と呼ばれるファンタジー世界を飲み込もうとする「虚無」
  2. 「虚無」に対抗するため、神人「ルシアン」が対抗するも犠牲に終わる。
  3. 「虚無」の使途「ヴォイドウォークン」が世界を破壊しまくる。
  4. 「ルシアン」の息子「アレキサンダー」が神聖騎士団を率いてソース使いを逮捕。
  5. ソース使いを逮捕する理由は「ヴォイドウォークン」を呼び寄せるから。
  6. ソース使いとして逮捕された状態からあなた(主人公)の物語が開始

ちなみにソース使いとは特殊な力を備えた人を指します。

「ディビィニティ2」がどんなゲームか知りたい人のための4項目

冒頭でお話しましたがこのゲーム、万人受けしません。
「ディヴィニティ2」独自の要素が人によっては合う合わないがハッキリ分かりますし、
逆に言えばそれがこのゲームの面白さでもある下記の要素です。

■キャラクタークリエイトで自分の好きな容姿、種族、各能力値を割り振って遊ぶことが出来る。
見下ろし型のクオータービューでロード無しで地続きを歩き続けるオープンワールド。
■クエストクリアの方法が1つでなく複数存在する。
■地形や環境を利用した高度な戦術が要求される。

キャラクタークリエイトで自分の好きな容姿、種族、各能力値を割り振って遊ぶことが出来る。

まず最初に行うのがキャラクリエイトなんですが、
こだわる人によっては1日かかるかもしれません。
それもそのはずで決めるべき項目がズラリ。と並んでいるからです。

キャラクリエイト要素備考
クラス(職業)14種類から1つを選択
種族(人間、ドワーフ、リザード等)5種類から1つを選択
タグ(性格)14種類から1つを選択
能力値(筋力、知力等)6種類に対してポイントを割り振る
戦闘アビリティ(武術、炎術、召喚術等)17種類に対してポイントを割り振る
才能(取得すると自動効果)43種類に対してポイントを割り振る
社会アビリティ(窃盗、商売上手、鑑定等)7種類に対してポイントを割り振る
楽器(BGM)4種類から1つを選択

14×5×14×6×17×43×7×4=120,351,840通りの組み合わせなんで、
ぜったいに他人と被らない自分だけのキャラクリエイトができてしまうのが魅力です。

ちなみに顔のパーツや髪型等も変更できるのでさらに増えますよw

リマークス
リマークス

そんな面倒な事できへん!という方のために、
用意されたキャラからも選ぶこともできますよ。(自由)

見下ろし型のクオータービューでロード無しで地続きを歩き続けるオープンワールド

見えている範囲が広くだいたいの地形やNPC、敵の位置まで把握しやすいです。

このあとドラクエだと戦闘画面に移行して、
戦闘が終了するとまたフィールド画面へと戻ってきますよね。
この一連の流れの際にその都度ロード時間が発生し人によっては煩わしさも感じてしまいます。

しかし「ディヴィニティ2」は敵に関しては、
予め視認出来ていて付近まで近寄るとそのまま戦闘が開始されます。
戦闘が終了するとまた同じフィールドを歩くところに戻るので、
ロード時間もまったくありませんし、ストレスを感じません。

クエストクリアの方法が1つでなく複数存在する。

主人公はソース使いとしてその特殊な能力を封じる為の首輪を付けられています。

物語が進行すると首輪を外せるクエストが発生し晴れて自由の身になるも、
神聖騎士団に見つかると「なぜ首輪を付けていないのか?」と詰問され、
選択肢によってはそのまま再度首輪を付けられ牢獄へぶち込まれます。

ここの選択肢がミソで、
上手く説得できれば見過ごしてもらえることもありますし、
戦闘をして返り討ちにすることも可能なのです。

さらに私はこちらから神聖騎士団の牢獄へ殴り込みしにいき、
すべての敵を全滅させてやりましたwww

こういった選択肢によってそのあとの展開がガラリ。と変わるのは、
決して1回や2回でなくほぼ毎回なのでプレイヤーがより楽しめる趣向となっています。

あとそもそもの話になってきますが、
クエストクリアの為の道標や印等は一切表示されません。

人々との会話や入手したアイテムの履歴を冒険のメモとして印字されていき、
そのメモを見ながら自分なりにあちこちへ動く必要があります。

地形や環境を利用した高度な戦術が要求される。

高度な戦術が要求RPGというよりも、
ファイナルファンタジータクティクスのようだとイメージしやすいかもしれません。

例えば弓を持ったキャラクターが高台から、
そのキャラよりも低い位置にいる敵に対して矢で射ると、与えられるダメージが増加します。

他にもフィールド上に油が流れている場所の上に敵の集団が待機していたとします。
そこに炎系のスキルや魔法で地形を指定して攻撃すると引火して炎上してダメージが増加します。

こういった地形や環境を使うことで、戦闘を有利に進めるような作りとなっています。

「ディヴィニティ2」を実際に遊んで感じた4つの感想

私は前作「ディヴィニティ」を全く遊んだことないまま、
いきなり「ディヴィニティ2」を遊んでみた感想になります。
物語に関しては「ディヴィニティ2」から開始しても全く問題ありません。

そんな「デヴィニティ2」初心者の私が感じた項目が下記の通りです。

・敵が本気でプレイヤーを倒しにくるほどやりごたえを感じる
・キャラを蘇生「リザレクションの巻物」が希少(レア)過ぎる
・セーブをこまめにしておかないとあっさり詰むことが多い
・思わず笑ってしまうような唐突に笑いをぶち込んでくる。

敵が本気でプレイヤーを倒しにくるほどやりごたえを感じる

「ダークソウル」や「SEKIRO」といった一部の死にゲー以外、
普通のゲームであれば徐々に操作方法に覚えて強くなっていくのがお約束です。
ゲーム歴が長ければ長い人ほど陥りやすいこの暗黙の了解を序盤からぶち壊してくるんです。

1番最初のチュートリアルに近い舞台では、
沈みゆく船から脱出するのが目的なんですが、私は脱出する前に4回死にましたからね。

内訳としては下記の通りです。
・炎よるスリップダメージで死亡(2回)
・毒によるスリップダメージで死亡(1回)
・ヴォイドウォークンとの戦闘で死亡(1回)

リマークス
リマークス

まさかスリップダメージでそのまま死亡するとは思わへんやん
(HP1残ると思うやん)

また味方のターンが始まる前に敵が動き出し、
必ず範囲攻撃で複数の味方にダメージを与えてきます。

味方の最初に動かせるキャラが順番が来た時には、
いきなりHPが減った状態から開始なんてざらにあります。

リマークス
リマークス

だから近接系だろうが魔法系だろうが、
かならずレベルアップした時は筋力(体力)上げてます。

キャラを蘇生「リザレクションの巻物」が希少(レア)過ぎる

普通のRPGでは仲間が死んだら戦闘後にHP1で生きてたり、
街の教会の神父さんに頼んだり、蘇生魔法で生き返らせることがご可能ですよね。

「ディヴィニティ2」は違います。
「どうせ死んでも簡単に生き返るからええわ♪」と別ゲーでぬるま湯に使ったプレイヤーの背中に、
ピシャリ。と冷水ならぬ冷水ホースをバッシャーン。と浴びせてくるのです。

まず仲間が死んだら魂を残した状態でその場に漂っていて、勝手には生き返りません。
死んだ仲間を蘇生させるには「リザレクションの巻物」を使用しなければならず、
とても希少(レア)アイテムとなっていてかんたんには入手できません
入手方法は道中に木箱から入手するか、お店で買うかの2択となっています。

そもそも道中で滅多に入手できないですし、
お店で買うにしても1,400Gととても高価で、
冒険を楽にする為の装備を優先してしまうと買えないのです。
(ちなみに拾えるお金はせいぜい20〜200Gくらい。)

今後、蘇生呪文を取得できる機会はあるかもしれませんが、
ここまで約15時間プレイしていて、まだ見たことありません。

そのためいかに仲間を死なせない立ち回りをできるか
また死んでしまった場合はセーブした箇所からロードすることも視野に入れる必要があります。

セーブをこまめにしておかないとあっさり詰むことが多い

あっさり全滅なんてザラ

主人公の首輪を外して衛兵に見つかり牢獄にぶち込まれる前に、
こちらから牢獄へ乗り込んで全滅したったwwwと冒頭で意気揚々と書きました。

実は敵を全滅させる前にこちらが何度も全滅させられたんです。
というのも主人公の首輪が外れた状態の時に主人公1人で行動していたんです。
その時に衛兵に見つかってしまい主人公1人だけで牢獄へぶち込まれてしまいました。

牢獄の奥へ行くと戦闘が始まる訳で、
主人公1人vs複数の衛兵というまさに多勢に無勢で何度も全滅しました。
何度か色々な方法で挑戦するも「これあかん」と思い、
ロードしてやり直し、正面突破で全滅させる方法をとったのです。
(仲間を操作して裏道から牢獄へ侵入すれば上手く出来たかもしれません)

他にも街の外へ冒険しにいくも「あれ?仲間の1人が付いて来てないな」と思い、
その仲間を操作すると街の中で因縁を付けられていて、
残りの仲間の元へ行くと大勢の街の人からフルボッコ(全滅)にされたりとか。

強敵の前に自動的にクイックセーブがあるんですが、
予期せぬ全滅もあるのでこまめにセーブするなこしたことはありません。

思わず笑ってしまうような唐突に笑いをぶち込んでくる。

とあるクエストで男性のNPCキャラと共に協力するはずが、途中で見事に裏切り、
「バカにしやがって!俺抜きでせいぜい頑張りな 水虫野郎!」と罵られました。

このあとこの男性を即座に殺したら結構レアアイテムもらえましたw
(裏切者には死あるのみw)

誰が水虫野郎やねん!

財宝を探しにいってたら途中でからかってくる爺さんと遭遇し、
何度か会話してると「チンチンを!」と唐突に下ネタをぶっこんできました。

このあと戦闘をふっかけてきたので殺しました。

チンチンを!

他にもとある場所で「お金をくれたら情事させてやるぜ、ヘヘヘ」と誘われたので、
お金を払ってセクシーメイドのザラちゃんとプレイしてみたのです。

セクシーメイドのザラちゃん

(彼女はあなたの中に転がり込んだ。
彼女の腕が貴方に回され、彼女の息があなたにかかり、
彼女荒い皮膚が、貴方に重なる。彼女は笑い、貴方の服を引き裂きながらベッドへと導く…)

盛り上がってきました!!

(…エクスタシーの中で。)

短文なのが妙にリアル

(貴方の世界が爆発する…)

爆発!!(意味深)

そして横たわるザラちゃん(リザードマン♀)と主人公(エルフ♀)の絵であるwww

完全に事後

そしてこのあと美人局と判明したので、ザラちゃんと戦い殺しました。

事後だったせいか大したアイテムを持っていないばかりか、
別の奴に身包みを剥がされ所持品はもちろんのこと、装備品全て奪われてしまいましたw

最後に

私は主人公の能力値「召喚術」に特化して上げ続けていて、
レベル1だと頼りないインプみたいな小っちゃい悪魔なんですが、
レベル10を超えるとたくましいデーモンの召喚に変わるんです。

ここまで上げると1発で敵の防御力を0にさせるくらい攻撃力が上昇し、
めちゃくちゃたくましい存在へと変貌します。

マジで強いデーモンさん

こんな風にこの能力値を上げたらどんな風に強くなるんだろう?とか、
この先の地形には何があるのかちょっと探検してみようか?とか、
クエストクリアするために色々やってみよっと!といったように、
自分から知的好奇心で楽しめる人にとっては「デヴィニティ2」はとても面白いはずです。
逆に言うと指示待ち人間や円滑に進めないとストレスに感じる人には向いていないともいえます。

以上、「デヴィニティ2」の感想記事でした!
ではでは、ばいきゅ!

PS4 ゲーム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
remarks!をフォローする
リマークスのゲームと生活まとめ

コメント