【ANTHEM】空中飛行が爽快なゲームは初めてだし、パワードスーツ好きは絶対に買って損しないアンセムを紹介と感想

スポンサーリンク
PS4
Anthem™_20190224162302
スポンサーリンク

私が注目しているソフトである「ANTHEM」、2019年2月22日(金)が発売日でした。

7,800円+税と決して安くはないソフト価格、
加えて新規タイトルいう事もあり、私は様子見するつもりで予約しなかったんです。
「ANTHEM」はどんなゲーム?という方は下記の記事を参照してみてください、

404 NOT FOUND | リマークスのゲームと生活まとめ
ゲームが大好きな30代の管理人が大好きなゲームのことや生きていく中での知識を気ままに書いていきます。

その日も私はTwitterで「ANTHEM」を検索してみると、めちゃくちゃ面白い。と絶賛ツイートの嵐!!
これだけでもかなり心が傾いた所に、とどめの一撃のごとく、このツイートである。

PS4速報!さんのツイートは基本的に自サイトの記事更新通知のみで、
私は初めてPS4速報!さんの超個人的な感情のある感想ツイートは見てしまったのです。

そんなに「ANTHEM」が面白いのならば、買うしかないやろー!!

月1回のお小遣い(5,000円)で余った分を繰り越し繰り越しで貯めた結果、
財布の中を確認したところ、そこにはなけなしの8,000円が入っていました。

買える・・買えちゃうゾ・・・「ANTHEM」

でもこれでクソゲーだったらどうしよ?クソゲーだったら目も当てられないゾ・・・!?
どうする私!どうするのよ私?どうしちゃうのよ、私!?

小学生がお小遣いの限界で「ワンピース」のコミックスを買うかのごとく、
私の中での「ANTHEM」を買うのは同じで買ってしまった瞬間、貴重な8,000円が消えるのです。
独身者だったら8,000円なんぞ、そこまで大した痛手にはならないでしょうが、
私は悲しいかなお小遣い制の既婚者。まさに人つなぎの秘宝が「ANTHEM」なのです!!

その日、私は定時退社して欲望の赴くままにヨドバシカメラ梅田店へと足を運び、
他のゲームソフトに目もくれず「ANTHEM」を手に取り、レジへと並んでいたのでした。

404 NOT FOUND | リマークスのゲームと生活まとめ
ゲームが大好きな30代の管理人が大好きなゲームのことや生きていく中での知識を気ままに書いていきます。
スポンサーリンク

「ANTHEM」は想像以上に面白かった

ほぼ勢いだけで「ANTHEM」を買ったものの、
やはり買ってからでも「本当に面白いんかな?」と不安を拭うことができず、
いったんPS4に入れてインストールはしたものの遊ぶのが怖くなり、
別ゲーである「Dead By Daylight」で遊んでいました。(こっちのがホラーゲームやんけ)

その日の夜、お風呂も入り歯も磨き、あとは寝るだけという22時過ぎ、
「あんま熱中せーへんやろし、このくらいからしたろ」と思い「ANTHEM」を遊び始めました。

気が付けば1時間過ぎ、2時間過ぎ・・・
「やばい・・・面白過ぎて寝たくない!!ずっとANTHEMしときたい」
結局、寝たのが3時間30分後の25時30分でした。

目がギンギラギンにさりげならないくらい、
「ANTHEM」の頭文字である「A」と両目に刻まれたようでした。

ちなみに翌日23日の土曜日はほぼ一日中遊んでいて、
週間のジム通いも2時間行ってるのが、1時間サボってしまう程です。

「ANTHEM」はパワードスーツ好きやロボット好きならハマること間違いなし

  • 「空中飛行」をストレスと感じず、ただ飛んでいるだけで気持ちいいと感じる
  • 「ド派手」な演出で敵をまとめて倒す爽快感
  • ソロプレイになりにくく、他のプレイヤーとマッチングして協力して進めていくPvE形式
  • 自分でカスタマイズとしたパワードスーツを着る動作がその気にさせる

「空中飛行」をストレスと感じず、ただ飛んでいるだけで気持ちいいと感じる

みなさん今までやってきたゲームの中で、
空中飛行できるゲームに対してどんな印象や感想をお持ちですか?

私はファミコンソフトの「スーパーマリオブラザーズ3」のマントマリオに四苦八苦し、
直近ではPS4ソフトの「Destiny2」の浮遊に四苦八苦し、
何が言いたいかというと、操作にいっぱいいっぱいで空中移動を全く楽しめなかった!
むしろストレス!としか感じなかった。いうことです。

今作の肝とも言える「ANHEM」には空中移動があり、
体験版をやっていない私はたいへん不安でした。
ここでストレスを感じるようであれば、このゲームを楽しめないとまで思っていました。

実際「ANTHEM」での空中飛行の操作としては、
ジャンプ(×ボタン)したあとに、L3(左アナログスティック)をカチッと押すと同時に、
画面の中のプレイヤーがブーン!!と一気に加速して、空中飛行します。

「え~!?L3(左アナログスティック)の押し込みもあんの~?難しそー!!」と思うかもしれませんが、
L3(左アナログスティック)は一回押したら飛行開始されますので、指からL3を離して問題ありません。
この操作方法のおかげでめちゃくちゃ簡単操作で空中移動ができちゃうんです。

この空中飛行、ただ飛んでいるだけでめちゃくちゃ気持ちいいのです。

地上でキャラを走らせるよりも、とりあえず空中飛行してしまうくらい楽しいです。
空中飛行の感じが映画「アイアンマン」や「スーパーマン」のごとく、
顔文字で表現するならば⊂二二二( ^ω^)二⊃ ブーンと「行くぞ!」と気分になれます。

ただの移動手段の1つではありますが、
美麗な景色をバックに空を飛ぶというのはストレスを感じさせず、
ユーザーに爽快感を与えることに成功していて素晴らしいです。

もちろん永遠に空中飛行できるわけではないので、
スラスターを消耗し、限界を超えるとオーバーヒートしてしまいます。
(※オーバーヒートしてしまうと、しばらく空中飛行できなくなります。)

「ド派手」な演出で敵をまとめて倒す爽快感

私は最初の「ジャベリン」の選択の中で「ストーム」を選択しており、
「ストーム」は高火力低耐久で炎氷雷の属性の範囲攻撃を得意としており、
まさにRPGの中での魔法使いのような役割を担っています。

そのため「ストーム」は敵の攻撃を回避しつつ、
敵の集団に強力な属性攻撃を思いっきりぶち込むのが、基本的な戦い方となります。

(上記の写真では)「フレイム・バースト」と呼ばれる炎の爆発ダメージを与えているんですが、
この攻撃も範囲攻撃に該当する為、該当範囲内すべての敵に敵にダメージを与えます。

1281ダメージと表示されていますが、
いまいち強いのか弱いのか分かりにくいと思います。
ちなみに銃で撃った場合のダメージは50~200くらいですw
(どんだけストームの属性攻撃強いねん!もう銃いらんやんけ!)

ソロプレイになりにくく、他のプレイヤーとマッチングして協力して進めていくPvE形式

ここで説明しなければなりません。
PvE(Player versus Enemy)とはプレイヤー同士が協力し、敵を倒していくタイプです。
(PvP(Player versus Enemy)はプレイヤー同士が戦うタイプです)

基本的に最初の設定では「パブリック」で設定されており、
この「パブリック」に設定していると任務やフリープレイ時等、誰かとマッチングが行われます。
ソロが良いよ!という方は「プライベート」に設定することで、ソロプレイも可能です。

このおかげで「1人じゃクリアーできないよ、詰んだ・・・。」ということにもなりにくく、
例えフレンドが「ANTHEM」を遊んでいなくとも、
他の「ANTHEM」を遊んでいるプレイヤーと組むことができちゃうんです。

いまはどうか分かりませんが、
「Destiny2」発売した当初、強力なボスバトルが始まるよ~集まれ~!という時に、
だ~れもそのボスバトルに集まってくれず、ぼっちでボスに挑んだことがあります(涙)
とうぜん1人で勝てるはずもなく、ただただ悲しみのまま散った思い出が残りました。

「ANTHEM」は私が遊んでいる中で、マッチングしなかったのは1回だけで、
それ以外は普通にマッチングしないことはなく、普通に野良4人で遊べています。

それぞれのパワードスーツ(ジャベリン)も違えば当然カラーリングも違う訳で、
それぞれ違った特長を敵にぶつけてクリアーを目指す共闘感を楽しむことができます。

また自分が戦闘中にやられてしまってもゲームオーバーにならず、
その場で壊れた状態となり動けなくなるものの、味方から修理してもらうことで蘇生可能です。
自分がやられたら修理してもらえれば良いし、
味方がやられたら自分が修理すれば何度でも一緒に+税えますよ。

自分でカスタマイズとしたパワードスーツを着る動作がその気にさせる

パワードスーツ(ジャベリン)は頭・胸・腕・脚といった各パーツの交換はもちろん、
素材や色まで変更することができることも、このゲームの魅力の1つです。
さらに「ここのスタッフ手が込んでいるなぁ」と思ったのが、
出撃する時にパワードスーツ(ジャベリン)を着るときの動作が用意されているんです。

これがまたねぇ、浪漫というか男心をめちゃくちゃくすぐるんですよね。
パワードスーツ(ジャベリン)を立たせている床がぐるーっと180度展開し、
開いた背面がプレイヤー側の目の前に移動されてきます。
そこから両手で縁を持ち両足を入れ、そのあと両手を入れ、最期に頭部分のハッチが閉じるんですよ。

ガンダムに乗り込んで「アムロいっきま~す!」もしくは、
勇者指令ダグオンの一員になったかのように「よし、やってやるか」とテンション上がります。

こういった動作いる?時間の無駄じゃね?
なんて男心を分かっていない女性の方は言うかもしれませんが、いるんです!!
これがあることであたかも自分がパワードスーツ(ジャベリン)に乗り込んでいるんだ。
という意識が生まれますからね、こういうの大事です。超大事。

「ANTHEM」のこの項目に目をつぶることができれば遊べる

絶賛している「ANTHEM」ですが、残念ながら神ゲーとは言えません。

なかなかプレイヤーの我慢を試すというか、
プレイヤーによっては「これはアカン!ブックワンに売ってやんよ~!」となるかもしれません。

※発売初日はネットワーク接続エラーが多発していましたが、
 23日に修正パッチがきて頻度が激減したので、あえて下記の項目には入れないことにしました。

  • 日本語吹き替えが無く、字幕を読む余裕がない
  • ロード時間が長すぎる
  • 拠点内の移動時間が遅すぎる
  • 超絶クソなお使いをしないとメインストーリーが進まない

日本語吹き替えが無く、字幕を読む余裕がない

ゲーム開始当初に「字幕」のサイズの大きさを選択できるので、私は「大」を推奨します。

ただ問題はそこではなくもっと単純な問題で、
ゲーム中の移動、敵に攻撃を当てる、敵からの攻撃を避ける、その他の集めるアイテム、
様々なアクションを要求される中で、2つしかない両目が酷使される訳ですよ。

はっきりいって字幕を読んでいる余裕なんかありません。

進行上のことを英語でしゃべっていて、その内容が字幕で表示されているんですが、
全くといって追うことができず「なんかわちゃわちゃ言ってたなぁ」と思い終わります。

まぁ、目的地のカーソルがありますし把握できなくともなんとかなりはしますが、
できれば日本語吹き替えが欲しいと本当に思います。

ロード時間が長すぎる

お分かりいただけただろうか?
いちばん上の細く長い横長のゲージがロード時間なのである。

主にマッチング開始前、イベントムービー入る前、工房へ入る、工房へ入った後、戦闘終了後・・等々、
さまざまなところでロードが発生するたびに上記の画面が表示されます。

このロード時間がめちゃくちゃ長いんじゃあ!!
ちゃんと図った訳ではありませんが、通常PS4版で少なくとも数分のロード時間が発生します。

長いので最近はモンストを起動して、2ステージ分くらい遊んじゃっています。
たぶんトイレ(小)なら余裕で間に合うんじゃないですかね。

工房に入る前にロード、工房に入った後もロードと頻度が多いんで、短くして欲しいです。

拠点内の移動時間が遅すぎる

主人公のホームとも呼べる拠点があるんですが、ここを歩く速度が致命的に遅い。

普段の高速戦闘に慣れ切ったしまったせいなのか、
この拠点内をノロノロとあるく主人公の足の遅さにイライラします。

物語を進行する上で建物の奥にいる人物と話す必要がありその場所まで行くのも遅いですし、
さらに話を聞き終わってから再度パワードスーツ(ジャベリン)のところまで戻るのも遅いです。

新しい手掛かりや新しい任務の発見の為に定期的に拠点内の人物の元へ訪ねる必要があり、
「なんでこの拠点内の歩く速度、この速度でOKしたんや!」と思えるくらい遅いです。
別に主人公を歩かせる必要もなくって、
場所を選択し移動することができるファストトラベル形式で良いとは思うんですよね。

2019年3月11日追記
3月9日~10日かけて配信されたパッチにより、
拠点内であればどこへいても△ボタン長押しで出撃可能となり、
これでいちいちジャベリンの元へ行かなくても出撃できるので、時間短縮になりました。
ちなみに移動速度自体は変わっていません、遅いままですw

超絶クソなお使いをしないとメインストーリーが進まない

遊んでいてとあるメインストーリーを進める為に、
「団員の霊廟」という名の超絶クソなお使いをさせられます。

4つの試練の扉が存在しその扉を開ける条件として、
宝箱を〇箱以上開ける、ワールドイベント〇回クリアーといった、
1つの試練の扉につき4つの項目をクリアーする必要があります。

この時点でストーリーだけを遊んできたプレイヤーであれば、まずこの時点で達成できません。

ストーリーだけをやってきてプレイヤーがこの試練と直面すると、
上記の面倒くささを考えると、マジで萎えて辞めてしまうプレイヤーがいると思います。

「団員の霊廟」イベントは超絶面倒くさくクソだと思った

まず4つの試練の扉を発見するところから始めなければならず、
世界各地に散らばっている4つの試練の扉を見つけること自体面倒くさい。

試練の扉を発見できたとしても条件を満たしていなければ、
もう一回条件を達成した際に訪れなければならず面倒くさい。

1つの試練につき4つのクリアー条件が設定されており、
ストーリーだけを遊んでいてはまず達成することができず面倒くさい。

ワールドイベントはフリープレイを遊ぶうえでいつどこで発生するか分からず、
世界のあっちこっちを飛び回りイベント発生を探す必要があり面倒くさい。
(宝箱も同様でも入手できるが、その他ワールドイベントの報酬なので、セットと考えてOK)

マジで誰得な内容やねん!これ考えた奴とOKした奴、誰だよ!
意識しないと絶対に達成できない項目を羅列すんなよ!とマジで萎えそうでした。


コツというか避けては通れない道なので、
ストーリーに固執せずフリープレイでワールドイベントを積極的にこなし、
アイテム改修等をガツガツ貪欲に探しまくればストレスも軽減されると思います。

こちらの「ゲーム攻略のまるはし」さんの記事がたいへん参考になりました。

【Anthem】任務「フリープレイ:団員の霊廟」攻略ガイド : ゲーム攻略のまるはし

まとめ

操作感や爽快感等は群を抜いて最高の体験をユーザーにさせてもらえる反面、
ロード時間や拠点内の移動の遅さ、面倒なお使いイベント等は、
ストレスを感じるという全体的に少し尖った作品に仕上がっていると感じました。

「ANTHEM」を買おうかなと思っているユーザーは男性が多いと思いますので、
アイアンマンみたいな空中飛行をゲームで楽しんでみたい、
パワードスーツで戦場を思いっきり暴れてみたい、
なおかつ自分なりのカスタマイズして自由に遊んでみたい等々といった要求をあれば、
めちゃくちゃのめり込んで楽しめるのでオススメします。

コメント