【Dead By Daylight】「ずさんな肉屋レイス」バグはグリッチ行為に当たると思うので、意図的に利用するのは止めよう。【修正済】

スポンサーリンク
Dead By Daylight
スポンサーリンク

サラリーマンの人は平日にゲームで遊べていますか?
睡眠時間なり、ブログを書く時間なり、他の何かの時間を犠牲にしなければ、
ゲームで遊ぶ時間を確保するのは難しいように感じる今日この頃です。

ゲームが趣味ですが、最近は平日は全くゲームをしておらずブログ書いている私です。
(実は1記事なんやかんやでだいたい3時間くらいかかっていますw)

そんな今日は最近話題の「肉屋レイス」のバグについて書きたいと思います。

スポンサーリンク

「ずさんな肉屋レイス」バグの内容は2点

下記のバグ2点のバグ内容が問題となっています。
2019年1月23日パッチ(1.5)にて修正済

  • 生存者側のラグがカクカク過ぎる
  • 生存者の血しぶきが止まらない

生存者側のラグがカクカク過ぎる

通常のラグならばカクカクしているなぁーと思いつつも、
遊んでいたら勝手に直っていることが多かったです。

しかし今回のラグはカクカクというレベルではなく、
もはやガクガクといった表現が正しいぐらい、ゲームを遊んでいてものすごく重く感じます。

もちろんレイスとのチェイス中にもラグは発生しています。
板を倒したと思っていたら、数秒のラグ後に板を倒していたり、
いつの間にかレイスに攻撃されていてダウンもしていました。

そしてレイスに攻撃される度に「ずさんな肉屋」の効果が重複される結果、
どんどん処理が重くなっていき、最悪そのマッチがエラーで強制終了してしまいます。

生存者の血しぶきが止まらない

生存者が無傷の状態で殺人鬼に切りつけられると、
通常は2~3秒くらい血が噴き出るエフェクトが出て、時間経過でエフェクトが消えます。

しかし今回の肉屋レイスのバグは「ずさんな肉屋」を付けたレイスが、
無傷の状態の生存者側 を切りつけると血が噴き出るエフェクトが止まらず、ずっと出続けてしまうのです。

字面だけで見ると「Dead By Daylight」を遊んだことない方からしたら、
「そんなスプラッター映画みたいゲームしたーないわ!」と言われそうです。

大丈夫ですよ~、バグならぬハグと呼ばれる殺人鬼にメメントモリされたらもっとグロいですから~♪
(何が大丈夫やねん!ぜんぜん大丈夫ちゃうやんけ。)
※あえて動画張りません。気になる方はYouTubeで検索かけてみてくださいw

実は私も年末で遊んでいた時の1度このバグを経験したんです。
その時は生存者のケイトで遊んでいたのですが、
あまりにシュールな光景が面白かったので画面キャプチャー撮ってたんです。

発電機を修理するケイト。
一緒に発電機を修理するジェフ。
そんな彼の肩からは噴水のように噴き出ている血。(現在進行形)

Dead by Daylight_20190105114631

いやいやいや・・・発電機の修理よりもやな、
君はその肩から出てる、おびただしい量の血をなんとかせなあかんやろ。

なに悠長に発電機、修理しちゃってんの?バカなの?死ぬの?
「発電機の修理」と「肩から噴き出す血の治療」
どちらの優先順位が高いのか冷静に考えたら分かるよね!?

分かっていても頭の中で、血しぶきのごとく妄想ツッコミが止まりませんでした。

画面下記の生存者のステータスを見てもられば分かりますが、
ジェフは負傷状態では無く、無傷の状態にも関わらず血が噴き出ているのです。
これにより負傷状態から治療完了しても、エフェクトが続いていることが分かります。
(ちなみに地面に血痕も残っていません。)

このあとに私もレイスに見つかってしまい、
一発攻撃を受けカクカクしながらもなんとか逃げ切りました。

そしてジェフ同様に肩から血しぶきを上げながら発電機を修理する姿に笑いが止まらず、
さらには発電機のスキルチェックもまともに成功できず、修理が全く進みませんでした。

なんか見ようによっては北斗の拳の雑魚キャラのモヒカンが、
肩から生えているように見えてしまいシュールな笑いを誘います。

「ずさんな肉屋レイス」 バグかどうかの確認と対策

生存者側でマッチ開始して殺人鬼がレイスで、
攻撃受けてから血しぶきが上がり続けていれば、バグが発生していると言えます。

そもそも生存者側であればマッチが開始されるまで殺人鬼を判別できず、
マッチが開始してから「レイス」でかつ、
「ずさんな肉屋」か「盲目の戦士」かの判断することになる為、
生存者側では対策のしようがありません。

一方の殺人鬼側(レイス)であれば「ずさんな肉屋」「盲目の戦士」を装備せず、
マッチを開始することでバグを回避することが可能です。

ただ私もよく殺人鬼で遊ぶことが多い為、
「ずさんな肉屋」を外すのは躊躇することでしょう。

生存者で例えるならば「セルフケア」を装備しないような感覚で、
「セルフケア」無しで戦場へ出ていける生存者も少ないはずです。

殺人鬼にとってもそれくらい「ずさんな肉屋」は必須パークに近く、
重症効果により発電機の修理よりも自身の負傷の治療に当たる生存者が多く、
結果的に発電機の修理を遅らせることができる優秀なパークであるのは間違いありません。
実際にマッチ後のパーク確認したら殆どの殺人鬼が付けていますしね。

結局、現状の1番の対策としては・・・
殺人鬼側のさじ加減次第という、なんともモヤモヤした結論になってしまいます。

「ずさんな肉屋レイス」 バグに対するみんなの反応と私が思うこと

Twitterでは生存者側として肉屋レイスのバグがあまりに酷いと感じている人が多いです。

止む無く切断する人や、肉屋レイスのバグを悪用だ!として怒っている人や、
さらにひどいと肉屋レイスを使っている人のPSIDを晒す人もいて、
なかなかカオスな光景が広がっています。

「Dead By Daylight」はバリバリのオンラインゲームで、
各生存者の画面の向こう側には現実世界で遊んでいるプレイヤーがいる訳です。
その生存者がバグの影響を受けて嫌な気分になるのに対し、
殺人鬼である自分だけが楽しむのは遊ぶ上で不公平ですし、モラルに欠けていると思います。

ちなみにバグを利用した裏技のことをグリッチと呼ぶのですが、
今回の「ずさんな肉屋レイス」バグを故意に利用している人は、グリッチ行為をしていると言えます。

別ゲームである「荒野行動」ではグリッチ行為を行い通報された結果、
該当アカウントに対し、一斉に凍結処分が実施されています。

「Dead By Daylight」でもユーザーからの通報機能があり、
その通報に対して運営がどういった判断を下すかは分かりませんが、
これからも「Dead By Daylight」で遊びたいのならば、意図的にグリッチ行為は止めた方が無難です。

だいたいそんな状態で勝っても虚しいだけですし、楽しいと感じられないはず。
これを機にレイスはいったんお休みして、別の殺人鬼で遊びましょ!そうしましょ。

ちなみに私のおすすめの殺人鬼は「ピッグ」と「フレディ」です。
※どちらも有料追加コンテンツですw

ではでは、早く修正されることを祈ってばいきゅ!

コメント