まだ「Windows 7」を使っている人はサポート終了までに

スポンサーリンク
PC関連
スポンサーリンク

あなたが今お使いのパソコンのOSがWindowsである場合、
「Windows 10」へのバージョンアップは済んでいますか?
現在「Windows 7」であるならば早急に「Windows 10」へのバージョンアップか、
「Windows 10」搭載しているパソコンへの買い替えを強くオススメします。

本記事では下記の方向けとなっています。

・「Windows 7」のサポートが終了はどういうことなのか
・「Windows 7」をサポート終了以降も使い続けた場合のリスク
・想定されるリスクと実際にあった被害例の紹介
スポンサーリンク

「Windows 7」は2020年1月14日でサポート終了

「Windows」の「OS」の特徴として、
販売してから一定期間が過ぎると新しい「OS」が販売する一定周期が存在します。
括弧()内は販売年

Windows XP(2001年)
  ↓
Windows Vista(2007年)
  ↓
Windows 7(2009年)
  ↓
Windows 8(2012年)
  ↓
Windows 10(2015年)

近年ではだいたい数年周期なのが分かります。

家電量販店のPCコーナーへ行って、
「「Windows XP」搭載のPCください!」なんて店員へ言ってみようもんなら、
「今どき「Windows XP」搭載しているパソコンなんてwww」と笑われてしまいます。

だって時代と共に次々新しいWindowsのOSが販売されていて、
いまの最新Windowsは「Windows 10」なのですから。

新しいOSが販売されるということは古いOSは、
必然的にMicrosoftからのサポートの終了を意味します。

「Windows 7」の場合2020年1月14日にサポート終了してしまうのです。

サポートが終了することで、セキュリティ更新プログラムの提供や、仕様変更、新機能のリクエストなどがマイクロソフトより受けられなくなります。すでに 2017 年 4 月 11 日 Windows Vista のサポートが終了しており、2020 年 1 月 14 日 には、Windows 7 の延長サポート期間も終了。セキュリティ更新プログラムや有償サポートを含むすべてのサポートが受けられなくなります。
引用:OS にはサポート期限があります!

「Windows7」のサポート終了しても使っていると「マルウェア」に感染するリスクが増大

「Windows 7」のサポートが終了しても、
そのままパソコンは使えますし、インターネットへ接続することも可能です。
しかしMicrosoftからセキュリティプログラムが適用されなくなってしまうのです。

これはどういうことかいうと
「マルウェア」に感染するリスクが一気に跳ね上がってしまいます。

「マルウェア」とは悪意を持ったソフトウェアの総称です。
「コンピュータウイルス」「ワーム」「トロイの木馬」は全てマルウェアに含まれます。
各詳しい内容については下記のサイトをご参考ください。

今までパソコンを使っていて、
「更新プログラム適用しています。」といったメッセージを見たことあると思います。
Microsoftからセキュリティプログラムをあなたの端末へ適用することで、
それにより外部からの悪意を持った攻撃から防いでくれていたんです。

つまり今までは雪山の中で毛布やピッケル等の装備の提供してくれていたけど、
今後はそういったサポートを2020年1月15日以降はしてくれないということです。
つまりノーガード状態で雪山を歩くようなもんです。

リマークス
リマークス

めっちゃ危険やん

想定されるリスク①:個人情報を抜き取られ商品を不正購入や出品される。

この現代社会において個人情報は命の次に大事なモノといったも過言ではありません。

あなたが普段使っている「Amazon.co.jp」や「ヨドバシ.com」等、
アカウント情報にクレジットカード情報を記憶させていませんか?

アカウントが乗っ取られるということは、
クレジットカード情報を記録していた場合、身に覚えのない商品を購入されてしまいます。

その他にもAmazon.co.jp内で勝手に商品を出品されてしまい、
出品した商品を購入した人から購入したのに商品が発送されてこないといったクレームが入ります。
とうぜんアカウントを乗っ取られた側としては勝手に商品を出品されていることから、
手元に商品なんて存在しませんし商品代を受け取っていない訳です。

さらに「Amazon.co.jp」のパスワードを他のサービスのログインと同じパスワードにしていると、
そのまま他のサービスでもアカウントの乗っ取りが発生してしまう恐れがあります。

想定されるリスク②:遠隔操作ウイルスによりインターネットの掲示板に犯罪予告される。

実際にあったマルウェア感染した被害例として
悪意を持った第三者があなたのパソコンウイルス感染させて、
感染したパソコンを操って5ch等の掲示板サービスへ犯罪予告することが可能です。

そうなるとあなたが掲示板に犯罪予告した犯人にされてしまうんですよ。

手順としては下記のような感じ。

  1. 悪意を持った第三者があなたのパソコンをウイルス感染を誘導
  2. あなたのパソコンがウイルス感染
  3. 悪意を持った第三者 が感染したあなたのパソコンを操り掲示板に犯罪予告
  4. 警察はアクセスログからIPアドレスを割り出しあなたを特定
  5. あなたが犯罪予告をした犯人にされます。

例えあなたが5chを含めその他の掲示板サービスを一切使用していなくとも、
犯罪予告したのは感染したあなたのパソコンなので、
掲示板側のアクセスログに記載されているIPアドレスからあなただと割り出されます。

リマークス
リマークス

IPアドレスはインターネット接続しているパソコンを識別する為の、
インターネット上の住所に当たります。必ず割り当てられます。

例としてこのブログのアクセスログ(一部)で簡単に説明します。

IT業界で働いていると割かしよく見るんですが、
それ以外だと「なんじゃこりゃ!?」というただの数字の羅列に見えてしまいます。

www.remarks0904.com  XX.XXX.XX.XXX – – [20/Oct/2019:XX:XX:XX +0900] “GET /ps4%E3%82%92%E8%B2%B7%E3%81%A3%E3%81%9F%E3%82%89%E5%BE%8C%E3%81%A7%E5%BE%8C%E6%82%94%E3%81%99%E3%82%8B%E5%89%8D%E3%81%AB%E6%9C%80%E4%BD%8E%E9%99%903%E3%81%A4%E3%81%AE%E5%88%9D%E6%9C%9F%E8%A8%AD/amp HTTP/1.1″ 200 17792 “-” “Mozilla/5.0 (Linux; Android 6.0.1; Nexus 5X Build/MMB29P) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/41.0.2272.96 Mobile Safari/537.36 (compatible; Googlebot/2.1; +http://www.google.com/bot.html)

赤太字:IPアドレス
    ※大丈夫とは思いましたが、念のため数字をXに置換しています。

黒太字:アクセス先のページ

青太字:UA(ユーザーエージェント)
    ユーザーがWebサーバへ接続した際の接続情報。
    どの機種(Windows、Mac、スマホでどのブラウザから接続したか等)

上記の例ですと、
XX.XXX.XX.XXXが私のブログ内のいちばん人気のページ「PS4を買ったら後で後悔する前に最低限3つの初期設定をしておこう!」のページへアクセスしていることが分かります。
ちなみにUAをよく見ると分かりますがWebページを巡回するGooglebotです。(人ではない)

ちなみにIPアドレスから分かるのは下記の情報です。

  • 都道府県
  • 通信プロパイダ―

つまりIPアドレスが分かったところで個人情報には即座に直結しないのです。
しかし犯罪予告したとなると警察が動きますし、
掲示板の管理者や通信プロパイダーへIPアドレスの開示要求され個人を特定するのは可能です。

最後に

ずっと使い慣れた「Windows 7」が良いというのはすごい分かりますし、
「Windows 10」になると画面も違うのでアレどこにあんねん?といった不便さは感じます。
コントロールパネルすらどこにあるのか分からず探し回る羽目になりましたw

リマークス
リマークス

左下の検索窓にcpやcoを入力すると、
検索結果として出てくるのを知ったのは最近w

それでも意固地になって「Windows 7」を使い続けることで、
個人情報を抜かれて悪用されたり、犯罪予告を勝手にされてしまったりといった、
生じるリスクを天秤にかけると「Windows 10」にバージョンアップすべきです。

何かあってからでは遅く既にサポート終了することは予告されているので、
面倒くさがらずにバージョンアップしておきましょう。

ではでは、ばいきゅ!

PC関連 生活
スポンサーリンク
スポンサーリンク
remarks!をフォローする
リマークスのゲームと生活まとめ

コメント