スポーツジムを続けるコツはスタジオ体験にあり!楽しく続けられるよ。

スポンサーリンク
体験談
スポンサーリンク

皆さんは週何回くらい運動していますか?
私はというとブログ記事を見ていただければ分かるかと思いますが、休日はゲームばかりしています。
さすがに30歳を超えてきて出不精で運動しないのはどうかと思い、
2018年の4月からコナミスポーツクラブに隔週で通い始め、実は現在も継続しています。

そしてよく聞く話でだんだんスポーツジムに行かなくなってきて、やがて退会してしまうパターンです。
もちろん私も基本的に出不精なので、面倒くさいと思うことも多いので、気持ちはすごく分かります。

そんな私がスポーツジム通いする為の、
モチベーションをどうやって維持しているかを書いていきます。

スポンサーリンク

まず楽しみながら続けること

当ブログは金、金、金稼ぐ為だけにブログしてるんじゃぁ!ゲヘゲヘゲヘ・・。
このブログを読みにきてくださる読者=金づるじゃあ!有り金、ぜんぶ毟り取ったるわ!
なんて毛頭考えていませんw

ど ん だ け 守 銭 奴 や ね ん 。

私が主にブログを書けるのは下記のとおりです。
「楽しいから書く」「興味を持っていることを書く」「共有したいことがあるから書く」
全ての文言において主語に「自分が」入ります。

実はスポーツジムも同様なのです。

「トレッドミル」でランニングしたり、
「フィットネスバイク」に跨って漕いだり、
その他のフィットネス器具で体を鍛えるのもありだと思いますが、
それだけ黙々としていて楽しいですか?

もちろん楽しいという方は現状維持で全く問題ありません。
恐らくそういう人はここまで読んでいないと思います。

ただ、ごめんなさい。
私は黙々とフィットネスマシンだけでは、
とても楽しいという気持ちは湧きそうにありませんでした。

まずは楽しみを見つけないことには、
スポーツジムを継続し続けるのはとても難しいと思います。

だってスポーツジムで何をするにも、体にはある程度の負荷がかかる訳ですよ。
一定のラインを超えるとあー気持ちの良い汗をかけた!!とはなりますが、
楽しくもないのに続けていると必ず思うことは下記の1つです。

な ん で 金 払 っ て ま で し ん ど い 思 い し と ん ね ん ! ?

では、どうすれば楽しいと思えるようになるか?

スタジオプログラムに参加する

スタジオプログラムとはインストラクターの先生が前に立ち、
他の参加者と共に同じ動きを真似て運動する教室になります。

私と嫁はその中から「ボディパンプ」「ボディコンバット」を選択し、
基本的にこの2つだけで通い続けています。

ボディパンプ:バーベルを取り入れたエクササイズ
ボディコンバット:格闘技を取り入れたエクササイズ

「ボディパンプ」「ボディコンバット」について詳しく知りたい方は、
こちらの過去の記事にて書いているので参考にしてください。

そんな私ですが過去に咳が酷すぎて体調が人生で2番目に辛かった時は、
さすがに2ヶ月ほど休みましたが、その期間以外は隔週で通い続けています。

ちなみにそんな辛かった時の記事はこちらです。

スタジオプログラムは決められた時間帯に設定されている為、
参加したい時間帯に該当の教室にて待機しなければならないのがネックです。

しかし参加さえしてしまえば、教室の時間帯終了まで続けることになる為、
そのスタジオの雰囲気に良い意味で呑まれ、自然と体を動かせますよ。

夏休みのラジオ体操を思い出してください。
「なんでこんな朝早くに起きて体操せなあかんねん!」と思いつつも、
実際にラジオ体操する公園に着けば、
なんやかんやできっちり初めから終わりまでラジオ体操していませんでしたか?

それと同じですね。

参加してしまえば自然と終わるまで体が自然と動いちゃうんです。

ちなみにインストラクターの先生いわく、海外ではある程度疲れたら途中退室するのが普通のようです。
45分間だったら45分間きっちり終わるまで参加するのは、日本人くらいらしいです。
この辺は国民性というか日本人はちゃんと終わりまで、
きっちりしないといけないという真面目さが面白いですね。

スタジオプログラムのおすすめはボディコンバット

普段の日常でパンチやキックなんて、格闘家以外はボコスカ行う機会はありません。
日常でそんなことをしていたら写メ撮られた挙句、奇人が居たとTwitterで晒されますよ。
ましてや他人に対して行うと当たり前ですが、暴行罪でタイーホ(逮捕)になりかねません。

そんな非現実な格闘技のようなアクションであるパンチやキックを、
ボディコンバットで思う存分に振るうことができちゃうのです。

現実では普通の日常的な一室にも関わらず、
いざ始まるやいなやパンチやキックを繰り出すことで、
一気に自分の中で格闘家スイッチが入っちゃうんですよ。

私なんて目の前にムカつく上司を思い浮かべて、
その標的に対してボコスカ殴っているだけで、これがまた楽しいのなんの!

↓この上司です。


「なんでそんないつも上から目線やねん!」

「なんでそんないちいち余計な一言を放つねん!」

「どうやったらそんな人を苛立たせられるねん!」

「パワハラ!セクハラ!スメハラ!3重苦やめれ!」

他の人も同様のストレス解消しているんですか?と思うぐらい、
私の参加するボディコンバット教室ではいつも満員です。

しかも格闘技の要素を取り入れたエクササイズなので、
男性が多いと思いきや、意外や意外で実は女性の方が比率が多いのです。
※この辺りは地域差があるかもしれません。

スポンサーリンク

まとめ

まずはスポーツジムは楽しいんだ!と思えるよう、
スタジオプログラムを体験してみましょう。

人間苦しいものからは逃げたいと思ってしまうものです。
しかも仕事という対価をもらえるならまだしも、こちらがお金を払っている為、
楽しくないと「お金払ってまで、なんでこんなしんどい思いせなあかんねん」と感じてしまいがちです。

ですのでまずは楽しいという気持ちを第一優先で、スポーツジムに通ってみましょう!
私と嫁はこれで今のところ10ヶ月続いているので、おすすめです。

ではでは、ばいきゅ!

体験談 持論 楽しい
スポンサーリンク
スポンサーリンク
remarks!をフォローする
スポンサーリンク
リマークスのゲームと生活まとめ

コメント