料理ができなくても作れる1食約250円のかんたんお弁当で節約せよ

スポンサーリンク
生活
スポンサーリンク

毎日昼ごはん代を外食しているとお金かかりますよね。
私も独身時代は毎日外食しそれが当たり前になり過ぎて、
「ま、いっか!仕方ないよね」と自分に言い聞かせ納得していました。

毎日昼ご飯を外食していると、結構な出費で痛いですよね。

そして結婚してから必然的に弁当を作ることになりました。
弁当は思ったよりも簡単に作ることができ、
お金もかなり節約できるのでもっと早くに実践していれば良かったと少し後悔しています。

昼食を外食せず弁当を作ることでかなりの節約になりますので私の方法を紹介します。

スポンサーリンク

毎日、昼ご飯を外食すると11,620‬円(1ヶ月)以上のお金が必要

 男性会社員の昼食代は 555 円(同、15 円減少)、女性会社員は 581 円(同、5 円減少)。
 男性会社員の 1 ヵ月の飲み代は 13,175 円(同、669 円増加)。女性会社員は 9,493 円(同、8 円減少)。出典:「2019年サラリーマンのお小遣い調査」結果について 新生銀行

新生銀行が実施した調査によると、
男性会社員の昼食代は555円、女性会社員は581円となっています。

あえて高い方の581円を元にして毎日の昼食代を計算すると、
週休2日で20日(1ヶ月間)働くとして11,620‬円の昼食代が必要になってきます。

あくまで上記は平均の昼食代になりますので、
お店に入ってラーメンや定食を食べ1食1,000円近くになる人もいるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

お弁当を作ることで得られるメリットは2つ

■お弁当を作ることで約7,000円(1ヶ月)の節約が可能!
■ただ弁当を作っただけで倹約家や金銭感覚がしっかりしてると好印象

お弁当を作ることで約7,000円(1ヶ月)の節約が可能!

ここで頑張って弁当を作るとしましょう。

ざっくり計算になってしますが、こんな感じです。

種類材料の使用量1つ辺りの値段と容量1食辺りにかかる費用
ご飯1合 5kg(1,500円)=33合1,500円÷33(1合)=45円 
卵焼き2個6個入り(175円)175円÷3(2個分)=58円
ウインナー(シャウエッセン)1個2袋12個入り(498円)498円÷12(1個分)=41円
冷凍食品3品~6~10( 300円×3=900円)900円÷10(各3個分)=90円
合計234円
1食辺りなんと234円という超低価格で済ませることが出来てしまいます。
1ヶ月で換算すると4,680円と5000円を下回ります。

先ほどのサラリーマンの平均昼食代11,620‬円(1ヶ月)-4,680円(1ヶ月)=6940円(1ヶ月)
約7,000円ものお金が浮く計算になります。
1年間で現わすと80000円近い節約可能であり、オーストラリア旅行にも行けてしまいます。
リマークス
リマークス

冷凍食品が足りない方は5品にしても250円くらいです

ただ弁当を作っただけで倹約家や金銭感覚がしっかりしてると好印象

私は今まで複数回、転職してきてどの職場でも弁当を持参してきました。

お昼になりを私の弁当を同僚が見つけると反応は決まって、
「お!愛妻弁当かいいね」「自分で弁当作ってるの?偉いねー」
などなど好意的な解釈をしてくれることばかりで嬉しかったです。
加えてコミュニケーションのきっかけとしても有用だと感じましたね。

独身であったとしてもちゃんとお弁当を作っている、
金銭感覚がしっかりしてる倹約家なのかなと同僚から思われることでしょう。

肝心の中身なんて焼いた卵焼きやウインナー、
冷凍食品の唐揚げやハンバーグと多くほぼ茶色で占有されているにも関わらずです。

人の弁当の中身なんて誰も凝視しないし、
食べる本人さえそれで問題なければ気にする必要なんてありません。

スポンサーリンク

料理が出来なくても卵焼きとウインナーさえ作れれば短時間で弁当は完成する

先ほどの私の弁当の内訳を見てもうお気づきでしょう。
卵焼きとウインナー以外は全て冷凍食品だということに!

私は1人暮らし5年ほどありますが、
恥ずかしながら36歳にもなってまともに料理を作れません。
カレーはおろか炒めるだけだと言われている炒飯すら作れないですからね、
私の料理スキルは主に何かを焼くこと以外、何も生み出せません。

リマークス
リマークス

鮭の切り身を焼いたり、
肉を焼いたり、
電子レンジでチンできるモノを食べていましたw

そんなまともに料理できない私でも作ることのできて、
なおかつ仕事が忙しくてあまり時間をかけられない人にもオススメできます。

予めご飯を炊いておき早炊きで約30分炊けるまでの間におかずを作ります。
卵焼きは10分、ウインナーも10分、
その他の冷凍食品も1個1分×3個で3分で合計しても23分でおかずが完成します。(超時短)
はい、あとは弁当箱に順次詰めるだけで終わりです。

スポンサーリンク

最後に

結婚して5年経ちますが、
昼食はほぼ毎日弁当を作って持って行っています。

もちろん毎日、似たようなおかずだと飽きてしまうので、
違う冷凍食品を入れてみたり、おにぎりにしてみたりと工夫しています。
食費を切り詰めたいけど何から始めたら良いか分からないという方は、
とりあえず水筒と弁当箱を買って上記のかんたんな弁当作りに挑戦してみてください。

これだけでかなりのお金の節約することが可能なのでオススメです。

ちなみに私が使っている水筒はこちら。
親指1つでワンタッチで開閉出来るので、めちゃくちゃ楽で飲みやすいのです。

生活
スポンサーリンク
スポンサーリンク
remarks!をフォローする
スポンサーリンク
リマークスのゲームと生活まとめ

コメント