40代男性が20代女性と結婚するための2つの条件を考えてみた。

スポンサーリンク
持論
スポンサーリンク

40代男性は20代女性と結婚することができるのか?
こんな疑問が浮かんだきっかけは私のタイムラインに流れてきた下記のツイートでした。

40代の男性が20代の女性と結婚すべく出会い系アプリで奮闘する内容で、
女性を見下す発言や自身のプライドの高さが見え隠れして見ていて面白いのです。

まぁ、それはさておき実際に40代男性が20代女性と結婚できるのか?
ふと疑問になったので記事にしてみました。

最初に結論を書いておくと、
20代女性と結婚したい場合、ライバルとなるのは20代男性です。
そんな彼らに勝てる要素が「収入」と「人生経験」になります。

さらに女性が結婚相手に求める条件の3位に「経済力」が含まれていることから、
そこで差を付けることができればワンチャン不可能ではないという結論に至りました。
スポンサーリンク

20代男性と40代男性、まともに各項目を比較しても勝敗は明確

40代の男性が20代女性と結婚したい場合、
ライバルとなるのは同年代20代男性となります。
では20代男性と40代の男性を下記の項目で比較するとどうでしょう?

20代男性
40代男性
体力
×
健康
×
容姿
×
年収
×
人生経験
×

3勝2敗で20代男性の有利です。(oh…)

各項目について以下より詳しく説明していきます。

20代男性よりも40代男性の方が体力テストの総合得点が劣る

スポーツ庁が公表している
平成30年度の「体力・運動能力調査報告書」から
下記の9項目を年齢ごとに調査した結果になります。

  • 握力(筋力)
  • 上体起こし(筋力・筋持久力)
  • 長座体前屈(柔軟性)
  • 反復横跳び
  • 20mシャトルラン
  • 持久走・急歩
  • 50m走
  • 立幅とび
  • ソフトボール投げ・ハンドボール投げ

10代でピークで右肩上がりつつ、
20歳以降からなだらかに右肩下がりになっているのが分かります。

分かりやすくするよう20代男性を青色40代男性を赤色で囲ってみました。
20代男性で40点以上の得点を出していたものが、
40代男性になると30点台と下がってしまっています。

このことから加齢とともに運動能力の低下していることが分かります。

20代男性よりも40代男性の方が圧倒的なメタボ率

例えばメタボリックシンドローム(以降メタボと記載)は、
内臓脂肪によりお腹がポッコリと見た目的にだらしないだけではなく、
以下の危険な生活習慣病を引き起こされるリスクが存在します。

  • 糖尿病
  • 高血圧症
  • 脂質異常症
  • 虚血性心疾患
  • 脳血管障害
  • 高尿酸血症
  • 腎臓病
  • 認知症
  • がん
厚生労働省の発表によると、
40~74歳については男性に2人に1人がメタボに強く疑われる又は予備軍とされているようです。

さらに下記の統計を見る限り、
20代男性よりも40代男性の方が圧倒的なメタボだと疑われていることが分かります。

40代男性の容姿は維持するのも難しく失うモノが多すぎる

20代男性と40代男性と容姿で勝負してどっちがカッコいいか?
そんなの火を見るよりも明らかですよね。

加齢とともに皺は増えますし肌が衰えてくるのはもちろんのこと、
体型の維持すら難しくなってくる年代です。

さらに髪の毛もボリュームも減ってきてしまう年頃なので、
髪をワックスで遊べる20代男性と違い遊ぶどころか、
いかに薄毛をいかに隠すかといった選択肢がなくなるのは明白です。

悲しいことにもはや同じ土俵に立つことすら難しくなってきます。

リマークス
リマークス

私は35歳ですが現在のところ髪の毛のボリュームはすごいです。
ボリュームがあり過ぎて下記のワックスで押さえています。

ちなみに直近のニュースですと、
TOKIOのリーダー「城島茂」(48歳)さんと菊池梨沙(24歳)が24歳差婚されていますね。
もちろん顔だけでは無いと思いますが、
年とってもジャーニーズなので容姿はもちろんのこと収入もあるでしょう。

収入に関しては後述します。

40代男性は収入面で有利!20代男性と比べると約180万円も年収が高い

ここまで20代男性に負けっぱなしの40代男性。
しかし絶望することなかれ、この年収に関しては勝利することができます。

下記は厚生労働省は発表している「平成 29 年賃金構造基本統計調査の概況」になります。
(分かりやすいよう20代男性を青色、40代男性を赤色で囲っています。)

さらに転職サイト「DODA」が発表している平均年収ランニング(2017年9月~2018年8月の1年間)
だと下記の通りで最大182万円もの圧倒的な大差で40代男性が勝っています。

年代男性
20代346万円
30代452万円
40代528万円

学生から新卒カードいう職歴が無くとも大企業にも入れるチャンスはあるにしろ、
20代での年収なんてだいたい知れていますし、都市と地方ではまた年収も違ってくるでしょう。

対して40代男性ですと新卒以降から約20年くらいの社会経験があり、
業務のスキルアップはもちろんのこと昇給により役職手当で年収が増加してもおかしくありません。

私もIT業界で新卒の時は300万円以下の年収で最初頑張ってきましたが、
転職する毎にスキルアップと年収が増加していきましたね。

40代男性はいままで生きた経験に伴う人格形成や体験談で勝負

20代の男性は20数年間の人生経験。
40代の男性は40数年間の人生経験。

年齢が上だからその人が偉いだなんていうつもりはありません。

しかしずーっと家に引きこもっていたのならまだしも、
社会人として通常の生活をしてきた場合、
社会の荒波に揉まれてきた40代の男性の方が圧倒的な人生経験を得ています。

40歳ともなるとパワハラな上司、狡猾な同僚、生意気な部下の育成等々、
いろいろな人間やさまざまな局面に1度2度ならず何度も経験し自身の血となり肉となっている訳です。
私の経験上、そういった人間の芯はしっかりしていますし話してても面白いことが多いです。

リマークス
リマークス

その人が体験したエピソードや教訓が聞けるのが大きい

下記の記事も私が知り合った40代の同僚から教えてもらったことです。

スポンサーリンク

そもそも未婚女性が結婚相手に求める条件のトップ5はこれ

さて私自身、男性なのであくまで20代男性vs40代男性という構図を作り、
客観的なデータを元に各項目では20代男性が有利と書いてきました。
では女性側が結婚相手である男性に求めている条件は何なんでしょうか?

国立社会保障・人口問題研究所の、
「第15回出生動向基本調査」より引用したのが下記です。

上記から「考慮する」「重視する」を合計した割合を多い、
項目を抜き出すと女性が結婚相手に求めている項目トップ5が絞られます。

  1. 人柄
  2. 家事・育児の能力
  3. 経済力
  4. 仕事への理解
  5. 職業

恋愛ならともかく結婚となると容姿なんて重要視されないことが良く分かります。
なんせ長い人生の中で苦楽を共にパートナーとなる重要な存在ですからね、
イケメンかどうかなんてハッキリ言ってどうでも良いことなんです。

そんな容姿よりもと3位の「経済力」に私は注目しました。
ここで引っ掛かりませんか?

20代男性と40代男性とを比較してきて、
40代男性が20代男性に勝る項目の1つである経済力=年収です。

「愛さえあればお金なんて必要ない。あなたさえいればそれで良い」
なんて綺麗ごとが言えるのはお金がなく時間があった学生時代までです。
結婚生活、子どもが出来た時の養育費、そして老後といった、
何かしらお金が必要場面は多くあるに越したことはありませんからね。

あとは性格がひん曲がっていなければ、
年収+人柄で20代女性と結婚することも不可能ではないように感じます。

リマークス
リマークス

自分もそうだし相手にも惨めな生活したくないです。

スポンサーリンク

最後に

若くて体力もあって健康な20代男性よりも40代男性が優位に取れるのが、
まず絶対的な前提条件として「年収」が挙げられます。
「金にモノを言わようでちょっと・・・。」と思われるかもしれませんが、
他の項目では20代男性に勝ち目がないので仕方ありません。

加えてその豊富な人生経験を通じて面白おかしく(自慢話にならないよう)、
20代女性に伝えられるようなら「この人面白い」「成長できる」と感じるのではないでしょうか。

勢いだけで長文書いてしまいましたが、私が思うところはこんな感じです。
ではでは、ばいきゅ!

持論
スポンサーリンク
スポンサーリンク
remarks!をフォローする
スポンサーリンク
リマークスのゲームと生活まとめ

コメント