PS4コントローラー(DUALSHOCK4)が充電できない時は充電スタンドにしたら解決した話

スポンサーリンク
ゲーム
スポンサーリンク
リマークス
リマークス

こんにちは。リマークスです。
PS4を遊んでいるとだんだんコントローラーの動作がおかしくなり、最終的には充電できなくなってしまいました。

PS4本体に同梱していたコントローラーだったので、
経年劣化かなと思い新しいコントローラーに買い替えたんです。

「これでもう不安なく遊べるぞ」としたのも束の間、
2代目のコントローラーも充電できなくなってしまいました。

「もしかしてPS4本体の問題?」
「PS4本体を買い買えないといけないの!?」

私の他にも充電できなくなってしまい、困っているあなた。

PS4本体を買い替える前にちょっと待ってください。
充電スタンドをつかうことで充電できるかもしれませんよ。

この記事を読んでわかること
・PS4コントローラーが充電できない原因
・PS4コントローラーは充電スタンドでも充電可能
スポンサーリンク

PS4コントローラーはマイクロUSBケーブル以外でも充電スタンドで充電可能

先にに結論を書いてしまうと、
「DUALSHOCK4 充電スタンド」を使えば充電することができました。
PS4起動時にコントローラーの充電アイコンも、
しっかり充電されていることを確認しふつうに遊べています。

PS4本体やPS4コントローラーを買い替える前に、
まずは充電スタンドで試す方がコストも安いし試しやすいですよ。

DUALSHOCK 4 充電スタンド
ソニー・インタラクティブエンタテインメント

PS4コントローラーが充電できない原因は接続端子の接触不良だった

PS4のコントローラーが充電できない要因として、
私はまずマイクロUSBケーブルを交換して試してみたんです。
しばらくは充電できたので問題は解消されたかのように思えました。
しかしすぐにして充電できなくなってしまったのです。

そのあと新しいPS4コントローラーを購入、
「これで安心!」と思いしばらく遊んでいると、
またしても充電できなくなってしまいました。

PS4本体とPS4コントローラーをマイクロUSBケーブルで接続してもダメ。
PCとPS4コントローラーをマイクロUSBケーブルで接続してもダメ。
PS4コントローラーとマイクロUSBケーブル経由でコンセントに挿してもダメ

ここでようやく原因がPS4コントローラー上部の接続端子。
マイクロUSBケーブルの差込口の接触不良であると把握しました。

マイクロUSBケーブルを挿しながらゲームを遊んでいて、
意図せずPS4コントローラーを手前に引っ張ってしまったり、
犬が引っ掛けてしまいすっぽ抜けてしまったことが原因かもしれません。

充電スタンドはPS4コントローラーを挿すだけで充電可能

ソニー純正製品や他社製品の充電スタンド、発売されています。
他社製品だと1500円前後で購入可能ですが、
わたしは3000円のソニー純正の充電スタンドを推します。

他社製品と比べソニー純正の方が値段が倍の3,000円近くします。
差額1500円程度であればそこまで手痛い出費ではありませんし、
なにより充電できない問題を解消するための担保として、
ソニー純正の方が信頼できると思っています。

説明書なんて見る必要ないくらい超簡単にセッティングできます。

充電スタンド側にケーブル類を挿してコンセントに突き刺し、
PS4コントローラー下部のEXT端子を下に充電スタンドに刺すだけです。
カチッと音が鳴るのでただしく挿せたことを確認できます。

充電スタンドにPS4コントローラーを正しくセットされると、
PS4コントローラーのランプがくっきり橙(オレンジ)色に点滅します。
ランプが消灯すると充電完了となります。(約2時間)

最後に

PS4コントローラーが充電できなくなった時、
マイクロUSBケーブルでPS4本体、PC、コンセント等、
接続して充電できるかどうか確認してみてください。

充電できないようであれば、
PS4コントローラーの接続不良の可能性が高いです。
充電できないのであれば「DUALSHOCK4  充電スタンド」の出番です。
PS4本体やPS4コントローラーを買うよりも、
価格も約3000円と安いのでひとまず充電スタンドで確認することをオススメします。

DUALSHOCK 4 充電スタンド
ソニー・インタラクティブエンタテインメント

コメント