【感想/評価】JBL SOUNDGEAR BTA ウェアラブルネックスピーカーでPS4のゲームを遊ぶと没入感が一気に増して入門機器としてオススメだよ

スポンサーリンク
レビュー
スポンサーリンク
リマークス
リマークス

こんにちは。リマークスです。
ゲームを臨場感のあるヘッドホンやイヤホンで楽しみたいけど、
買おうかどうか迷っていませんか?

「家族で同じ空間でゲームしているからちょっと」
「他の音を遮断すると家族との会話を拒絶しているように思われそう」

はい。昔の私です。
独身時代であれば好きなだけヘッドホンを付けて、
周囲の雑音をいっさい気にせずゲームだけに集中していたと思います。
結婚してからリビングの端っこでゲームしていて、
嫁や犬2匹もいることから雑音や会話を遮断するのは避けたかったのです。
それでもゲームの音を臨場感たっぷりに楽しみたいと思いますよね。

そこで今回は首からかけることのできるスピーカー、
JBLのネックスピーカーであれば臨場感はもちろん、
家族との会話もそのまま楽しむことができます。

この記事を読んでわかること。

・JBL SOUNDGEAR(ネックスピーカー)のかんたん設定方法
・JBL SOUNDGEAR(ネックスピーカー)を使ってみて感じたメリット
・JBL SOUNDGEAR(ネックスピーカー)を使ってみて感じたデメリット
・JBLの実績や国内・世界シェアランキング
・JBL SOUNDGEAR(ネックスピーカー)を使ったみんなの評価

スポンサーリンク

JBL SOUNDGEAR(ネックスピーカー)のかんたん設定方法

JBL SOUNDGEAR(ネックスピーカー)を楽しむためには、
かんたんにいうと下記3つの機器を接続する必要があります。

  • 映像出力機器(液晶テレビ/液晶ディスプレイ)
  • 変換機器(JBL SOUNDGEAR BTA)
  • ネックスピーカー(JBL SOUNDGEAR)
イメージ図

付属の説明書では正直ちょっと分かりにくかったので、
私が別記事で接続手順を画像付きでまとめていますのでこちらを参照してください。
慣れれば所要時間10分もかかりません。

JBL SOUNDGEAR(ネックスピーカー)を使ってみて感じたメリット

装着してみた私
  • ゲームの臨場感のある音(サウンド)を楽しめる
  • 首や肩の負担に感じず重さをほとんど感じない
  • ゲームの音(サウンド)と家族との会話を聞き分けることができる
  • ワイヤレスなので物理的にケーブルを気にせず没入感を楽しめる
  • 他社のネックスピーカーと比べるとちょうど良い価格

ゲームの臨場感のある音(サウンド)を楽しめる

私は主にPS4のゲームで遊んでいます。
生存者と殺人鬼のどちらかを選択して鬼ごっこをする「Dead By Daylight」。
生存者であれば殺人鬼の心音を聞きとりめちゃくちゃ怖さを感じますし、
殺人鬼であれば生存者の息づかいや足音が聞き取り追跡しやすくなりました。

6対6のチーム戦で戦うFPSゲームの「オーバーウォッチ」。
後ろから忍び寄る裏取り行為に対してアビリティの音を察知しやすく、
また前方で誰がどんなアビリティを使ったのか聞き分けしやすく感じました。

首や肩の負担に感じず重さをほとんど感じない

JBL SOUNDGEAR(ネックスピーカー)の重さは350gです。
清涼飲料水のペットボトル500mg(500g)よりも軽く、
缶ビール350ml(350g)と同じ重さとなります。

使用する前は重さにより首とか肩がこったらどうしようと不安でした。
実際に使用してみるとそんな心配は一切ありません。
ネックスピーカーが肩に乗っかっている感覚はありますが、
重さやゲームプレイの邪魔になることはありませんでした。

ゲームの音(サウンド)と家族との会話を聞き分けることができる

私がネックスピーカーを買う前に懸念していたことです。
ヘッドホンやイヤホンであればゲーム音に集中できるけれど、
嫁との会話まで遮断されてしまう恐れがありました。

恐る恐るネックスピーカーでゲームを遊んでみたところ、
ゲームの音(サウンド)はゲーム音(サウンド)で聞こえます。
さらにネックスピーカーを使用していても、
嫁から話しかければちゃんと聞きとれることを確認できました。

ワイヤレスなので物理的にケーブルを気にせず没入感を楽しめる

有線式のヘッドホンやイヤホンであれば、
ケーブルで接続しているので動ける範囲が狭まってしまいます。
またケーブルが絡まってしまうこともありますよね。

このネックスピーカーはワイヤレスなんで、イライラや不安から解消されます。
これだけでもだいぶストレスから解放されるので個人的には大きなポイントでした。

Bluetooth接続なので、
JBL SOUNDGEAR BTAから1m以内の範囲にいる必要はあります。 

他社のネックスピーカーと比べるとちょうど良い価格

Amazonで「ネックスピーカー」で検索かけてみると、
下は2,000円~上は50,000円までと幅広い価格帯で販売されています。
いきなり高いネックスピーカーを買うのは勇気が必要ですし、
かといって安いネックスピーカーを買って損するのも嫌ですよね。

その中でこのJBL SOUNDGEAR(ネックスピーカー)
参考価格27,877円のところ52%OFFの13,455円で買えます。
(※2020年5月12日現在 価格は予告なく変わる可能性があります。)

リマークス
リマークス

Amazonの評価の数572件でおすすめ度★4を維持しています。

JBL SOUNDGEAR(ネックスピーカー)を使ってみて感じた3つのデメリット

  • 起動時や充電が無くなる時の音が大きくて不快
  • 充電しながら使用できないため、長時間の使用はできない
  • USB対応ACアダブターは必須なのに別売なのは不親切

起動時や充電が無くなる時の音が大きくて不快 ※ファームウェアのバージョンアップで小さくすることは可能

起動時にポコペン!
充電が無くなる時はデデテン!

けっこう大きな音が耳元ならぬ首元で鳴るので、ビクッと驚くかもしれません。
起動音は自分で電源スイッチをスライドするので驚きにくいです。
充電が無くなるタイミングについては予想がつかないので、
ほぼ毎回「おぉ!?」「うひゃっ!」と驚いてしまいます。

ファームウェアのバージョンアップで起動音を小さくすることができます。
詳しくは下記のサイトでご確認ください。

充電しながら使用できないため、長時間の使用はできない

メーカー情報では連続再生6時間と記載されています。
映画などであれば長くても3時間で終わるので問題ありません。

ただ私みたいに土日ずっとゲームしている場合、
6時間以上、遊んでいたことなんてザラにあります。
そんな時「デデデン!」と音と共に充電がなくなってしまいます。

また充電しながら使用することができないのも不便に感じました。

USB対応ACアダブターは必須なのに別売なのは不親切

JBL SOUNDGEAR(ネックスピーカー)を買う前、
私はヨドバシ店員に接続方法などを確認していました。

その時ヨドバシ店の店員が信じられない一言を発したのです。
「これ別売りのUSB対応ACアダブターが必要ですね」

リマークス
リマークス

えええええ!?そんなの箱に記載されてないですやん。
ヨドバシ店員に聞かなければこの事実、分からなかった。

JBL SOUNDGEAR BTA(中継器)の電源が入らず、
USB対応ACアダブターが必要不可欠なのです。

もう少しパッケージに分かりやすく書いてくれよと思いましたね。

そもそもJBLって信頼できるの?⇒国内・世界市場No.1

JBL(ジェイ ビー エル)は、ジェームス・B・ランシングにより1946年に設立された、大手スピーカー関連メーカー。1969年にジャービス・コーポレーション(Jervis Corporation 、現ハーマン・インターナショナル)に買収され、傘下に入った。

(中略)

JBLのスピーカーは初動特性と音場表現能力に優れているとされ、プロの録音スタジオ、映画館などでも多く使われている。
引用:JBL(企業)wiki

74年も前に設立されている老舗メーカーです。
ヘッドホン、イヤホン、アクティブスピーカーといった、
音響オーディオ商品に特化して販売されているので十分な実績があります。

【BCN AWARD 2019・喜びの声】 全国の主要家電量販店・ネットショップのPOSデータを集計した「BCNランキング」のワイヤレススピーカー部門で、2018年1月~12月の1年間の販売台数シェアNo.1だったメーカーは、ハーマンインターナショナル。

引用:ワイヤレススピーカー部門で販売台数シェアNo.1、ハーマンインターナショナルが初受賞

リンク先の記事の続きでは国内市場1位に加え、
世界市場でもNo.1を保持しているんのでまさに王者といえます。

JBL SOUNDGEAR(ネックスピーカー)を購入したみんなの評価

一般に聴覚障害者は音楽を楽しめないという言われたのは今や昔。
時代の進歩で補聴器の性能は年々上がっている。けれどもライブのような音を聞くためにはテレビやスピーカーの音をあげないと楽しめない。そうなれば近所迷惑だし、大音量で楽しむのは無理だろうな〜と思ってた。
そんな中でとあるメルマガでネックスピーカーの記事を見て、どれだけ効果があるか試してみた。

はっきり言って買ってよかった!!!
楽器のメロディが鮮明に聞こえる!!
奥行きが感じられる!!
ドラマの声や背景音まで聞こえる!!!

なんだよこれ!すげーよ!!!
引用:Amazonレビュー

某中華ネックスピーカーを使ってましたが不注意落下で充電不能になってJBLを購入しました。
音質的には十分満足、低音不足のレビューもありますがSONYなどの振動で補うバーチャル重低音よりも自然で好みです。
唯一不満は充電しながら使えないこと、10時間以上連続使用できるなら大丈夫だけど最長6時間の微妙な畜電池。1時間前の電池切れ予告で充電したいけど映画等の途中で電源オフにして充電待ちは辛いので是非とも改善をお願いします。
引用:Amazonレビュー

機能は悪くないが、起動時とOFF時の音が異常に大きい。(毎回クッションをあてて立ち上げるが、家族には聞こえるらしい)
充電無くなる1時間以上前から15分毎に鳴る大きな音も勘弁してほしい。家族が起きるし装着時なのでビクッ!とする。
ボリュームの間隔も大きいので、大きすぎると感じる時と聞こえないの間が欲しい!とよく感じる。
また、キッチンに行くと(6m位かな?)たまに接続が不安定になり、電源off→onしないと復旧しない。(ここでまた爆音)
10回に1回くらい離れていなくても接続が不安定になる事がある。
深夜帯の使用は一切考慮されていないと感じるが、映画の大きな音で聞きたいという人には悪い商品ではないと思います。大迫力ではないがそこそこ満足です。
引用:Amazonレビュー

個人的な感想を条書きで…. 
・オープン型のヘッドホンに近い使用感
 ・音像は若干後方
 ・耳が圧迫されないのでヘッドホンが苦手な人も良い
 ・音量が小さくても低音高音ともよく聞こえる(個人的にはここが良かった)
 ・中音量位までの使用感が良かった
 ・音量上げすぎると通常のスピーカー並に鳴るので耳が痛い
 ・通常のスピーカーのようにも使える(ただし肩掛けと比較すると音は若干篭もる)
 ・サラウンド感などは思ったほどではない、2chオーディオレベルの範疇
  (しっかりと配置した2chオーディオに近い感覚なので個人的には好印象)
 ・短髪なので問題ないが、長髪の人だと使いにくいかもしれない
 (あくまで短髪のおっさんの想像です)
 ・起動音はFLIP3やCLIP3と同じ、音量は静かではないが個人的には気にならない
 ・周辺や家族への配慮という意味ではヘッドホンの代用にはならない
 ・あくまで一人用、複数人で聞くような用途には向かない
 ・遅延が少ないのでゲーム用途にも十分
 ・連続使用は肩がこる。(たまに外してストレッチすると良い)
 ・無音時は若干ホワイトノイズが聞こえる(気になるレベルではないですが)
引用:Amazonレビュー

まとめ

ヘッドホンやイヤホンをすると、出力される音に没入できます。
その反面、雑音や人との会話も遮断されてしまうことは、
家族との会話もおざなりになってしまう可能性もあります。

今回ネックスピーカーを買ってみてその不安が解消され、
ゲームをしながらでも話しかけられても答えられますし、
もちろんゲームにも集中することも可能となっています。

値段に関しても15,000円でゲームに限らず、
テレビや映画、オンライン飲み会等にもつかえるので実用性あると思います。

ではでは、ネックスピーカーのレビューでした。

コメント