PS4を買って最初に設定する3つの初期設定手順を画像付きで解説

スポンサーリンク
PS4
スポンサーリンク
リマークス
リマークス

こんにちは。リマークスです。
PS4本体を買っていちはやくソフトで遊びたいですよね。
でもちょっと待ってください。
この記事では初期設定方法について書いていきます。

PS4本体で初期設定を怠ってしまうと、
項目内容によっては後で修正できない項目も存在します。
特にオンラインゲームで遊ぶ人にとっては致命的ともいえます。

この記事を読んで分かること。
  • アカウント(ユーザー)設定方法
  • PlayStation Networkアカウントの登録方法
  • へんなオンラインIDは絶対にしない方が良い
  • プライバシーの公開範囲設定
スポンサーリンク

PS4を購入した直後に最初にやっておきたい3つの初期設定

ちょっと面倒くさいと思うかもしれませんが、最初だけです。
この最初の設定さえ済ませてしまえば、以降は設定する必要はありません。

  • アカウント登録
  • PlayStation Network登録
  • プライバシーの公開範囲設定

PS4のアカウント(ユーザー)設定方法

PS4の電源を入れ起動すると、
いちばん最初に行うことになるのがアカウントの設定になります。
アカウントとはPS4で実際に遊ぶためのユーザーと思ってください。
PCでも最初に起動するとユーザーを登録しますよね、同じです。

アカウント(ユーザー)登録は下記の手順になります。

  1. 使用許諾契約画面:「同意する」を選択
  2. PlayStation Network をもっと楽しもう!画面:スキップを選択(あとで設定)
  3. アバタ―画面:好きなアイコン(画像)を選択
  4. 名前入力画面:好きなアカウント(ユーザー)の名前を入力し確定

PS4で遊ぶ人が複数人(兄弟や恋人)がいる場合、
下記の項目順で新しいアカウント(ユーザー)を追加することも可能です。

設定画面から【ユーザーを作成する方法】

※PS4のホーム画面のメニュー階層は大きく3つの画面に分かれています。

  1. 機能エリア/機能画面
  2. コンテンツエリア
  3. コンテンツインフォメーションエリア/コンテンツインフォメーション画面

ユーザーを作成する場合、
ホーム画面「機能エリア/機能画面」の「設定」から行えます。

「設定」はホーム画面の右から2番目の項目にあります。
「設定」がない場合はコンテンツエリアにいる可能性がありますので、
十字キーの上で機能エリア/機能画面へ移動することができます。

コンテンツエリア画面

①ホーム画面から[設定]

機能エリア/機能画面

②[ログイン設定]

③[ユーザー管理]

④[ユーザーを作成する]

※以降は画面キャプチャがとれないので以降は文字で記載します。

⑤使用許諾契約:同意
⑥PlayStation Networkをもっと楽しもう!:スキップ(あとで設定)
⑦アバター選択:好きなアイコン(画像)を選択
⑧名前入力:好きなアカウント(ユーザー)名を入力し確定

一時的にPS4で遊びたいゲストユーザーを含め、
最大16人までユーザーを登録することが可能です。

1台のPS4で16人もユーザー登録して遊び倒す状況は中々無いと思いますが、
大は小を兼ねるといいますし、複数人でPS4をシェアする時も問題ありません。

PS4への自動ログイン設定

私のようにPS4で遊ぶのが1人だけと決まっている場合や、
PS4で遊ぶユーザーが決まっている場合は自動ログインが便利ですよ。
PS4の起動時にユーザー選択画面をスキップして、
該当のユーザーで自動的にログインすることが可能です。

※複数のユーザーを作成している場合、
 最後にこの設定をオンにした1人だけが自動的にログインします。

ユーザー選択画面が毎回出てくると地味に面倒くさいので、
PS4で遊ぶユーザーはいつも決まっているのならば設定しておくことをオススメします。

自動ログインの設定方法は下記のとおりです。

  1. ホーム画面から(設定)
  2. [ログイン管理]
  3. [サインイン]
  4. [自動でPS4にログインする]にチェック

①ホーム画面から[設定]

機能エリア/機能画面

②[ログイン設定]

③[自動でPS4にログインする]にチェック

Q.友人が来た時にユーザー切り替えたい時、どうしたらいいの?

A.ご安心ください、超カンタンです。
ユーザーの切り替えは一旦「ログアウト」することで、ユーザーの切り替えを行えますよ。

PlayStation Networkアカウント登録

※PS4を遊ぶ為にアカウント登録を行いました。
「PlayStation Network」のアカウント登録は、
オンラインコンテンツを利用する為のアカウントであり、別物になります。

「PlayStation Network」のアカウントはPS4本体のシステムソフトウェアの更新や、
「PlayStation Store」でのダウンロードソフトの購入、
ソフトの購入特典のコード番号の入力等々、登録しておいて損はありません。
早い段階で「PlayStation Network」アカウント登録しておきましょう!

「PlayStation Network」アカウント登録は下記の手順になります。

  1. ホーム画面から(設定)
  2. [アカウント管理]
  3. [サインイン]
  4. [PlayStation Networkにサインインする]

①ホーム画面から[設定]

機能エリア/機能画面

②[アカウント管理]

③[サインイン]

※PS3やPS Vitaで既に「PlayStation Network」アカウントを持っている場合、
そのまま同じ「PlayStation Network」アカウントでログインすることが可能です。

他機種で「PlayStation Network」アカウント持っていない場合、下記の手順になります。

④[アカウントを作成する(はじめて PlayStation Networkをお使いの方はこちら)]

⑤メールアドレスとパスワードを入力

・メールアドレスは必ず正常にメールを受信できるメールアドレスを用意する。

例えばDoCoMoのメールアドレスを登録した場合。
迷惑メール対策でドメイン指定受信等を設定している場合や、
「PlayStation Network」からの登録メールを受信できなくなります。

また入力後に次の画面へ行く前にスペルミスが無いかよく確認しましょう。
PCではなくPS4から入力する場合、
キーボードから英数字を選択することもあり、入力ミスしやすいです。

・パスワードの登録は他のサイトで使っているパスワードと同じパスワードを設定しない。

他のWebサイトやSNS(TwitterやFacebook)で使っているパスワード等、
パスワードが漏れてしまった場合、芋づる式に漏れてしまう恐れがある為、
他のWebサイトで使っているパスワードの使いまわしは止めておきましょう。

⑥オンラインIDの入力と設定

ここ。めちゃくちゃ注意です。

へたなオンラインIDにするとあとで絶対に後悔することになります。
よく読んでくださいね。

オンラインIDはPS4でオンラインゲームする時に、
自分や他のプレイヤー画面にも見える(表示される)プレイヤー名です。
そのため、うかつに個人情報(Yamada Taro)やTwitter IDを入力せず、
匿名やニックネームが無難ですしオススメします。

なぜダメなのか?詳しい理由は下記の記事にて開設しています。

オンラインIDは1度変更すると以降は1回しか無料で変更できません。
2回目以降の変更は有料(1,000円)となるのでご注意ください。

「PlayStation Network」のアカウントが完了しログイン状態でいると、
下記のように[サインイン]になっているはずです。

プライバシーの公開範囲設定

公開範囲の設定では各項目をどこまでのレベルで公開するか範囲選択が可能です。
※フレンドまで許可やフレンドのフレンドまで許可、はたまた誰にも許可しない等。

下記の手順で公開範囲の設定や変更することが可能です。

  1. ホーム画面から[設定]
  2. [アカウント管理]
  3. [プライバシー設定] 
  4. [ゲーム|メディア][フレンド|つながり][個人情報|メッセージ]

①ホーム画面から[設定]

②[アカウント管理]

③[プライバシー設定]

④[ゲーム|メディア]
 [フレンド|つながり]
 [個人情報|メッセージ]

[ゲーム|メディア]のプライバシー設定

PlayStation™Storeでの購入履歴や、トロフィーの獲得状況、スクリーンショットやビデオクリップのアップロード履歴などがアクティビティーとしてPlayStation™Networkのサーバーに記録されます。アクティビティーは、[What’s New]やコンテンツインフォメーションエリア、フレンドや自分のプロフィール画面などで見ることができます。また、アクティビティーにスクリーンショットを直接投稿することもできます。

アクティビティーを選ぶと、(いいね)で賛同したり、(アクティビティーをシェアする)でそのアクティビティーの情報をシェアしたりできます。
引用:アクティビティーについて

この辺りは個人の自由なので、公開範囲をご自由に設定してください。

私は下記のように設定していました。

これは私の体験談になりますが、
会社の同僚から「全然トロフィー取ってないやん!」と言われ、
いちいちそんな所、見てんのかぁ・・・鬱陶しいなぁと感じたことはあります。
(その場合は非公開にしたほうが無難です)

[フレンド|つながり]のプライバシー設定

自分とフレンドとのつながりを見ることができる人の設定です。
mixiで例えるなら、自分のマイミクを見る事ができるかどうか(ネタが古い)
Twitterで例えるなら、自分のフォロワーを見る事ができるかどうかです。

この辺りもどこまで見せて問題ないか確認しながら許可していきましょう。

ここで大事な項目は下記の3つです。

  • フレンド依頼:あなたに対してフレンド依頼を送れる人
  • チーム招待:あなたに対してチームの招待を送れる人
  • 知り合いかもしれないプレーヤー:フレンドのフレンドに実名とプロフィール閲覧できる人

私は下記のように設定していました。
※「知り合いかもしれないプレイヤー」は実名を見られるのは嫌だったので、「許可しない」にしています。

[個人情報|メッセージ]のプライバシー設定

自分のプロフィールや実名を含む部分をどこまで公開するか、
また知らない人からメッセージの受信の許可設定をどこまでOKにするか、
個人に関連する項目なので慎重に選択しましょう。

私は下記のように設定していました。

私は「Dead By Daylight」を殺人鬼側で遊ぶことから、
生存者からファンメール(罵倒メッセージ)がくるのが嫌なので、
メッセージに関してはフレンドのみ許可しています。

その結果・・・
ほ と ん ど 許 可 し な い と い う ま さ に 鎖 国 状 態 

スポンサーリンク

さいごに

PS4を最初に買った直後に設定しておくべき3つの項目。

  • アカウント登録
  • PlayStation Network登録
  • プライバシーの公開範囲設定

いずれも設定しておいて損はしませんし、
PlayStation Network登録時のオンラインIDは特に慎重に登録しないといけません。
私の同僚なんて何も考えず本名で登録してしまって、めちゃくちゃ後悔していました。

ではでは、よきPS4ライフをお送りください。
ではでは、ばいきゅ!

PS4 ゲーム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
remarks!をフォローする
スポンサーリンク
リマークスのゲームと生活まとめ

コメント