PS4/Nintendo Swichのゲームソフトのパッケージ版とダウンロード版どっちを買えば良いのか結論をかくよ

スポンサーリンク
ゲーム
スポンサーリンク

私が子どもの頃はスーパーファミコンはカセットと呼ばれる、
VHSテープをひと回り小さくした四角形のカセットで販売されていました。
このカセットを買い続けているとかさばりますし、
1本あたりの販売価格が1万円と高価で子どものお小遣いでは毎月買えませんでした。

それから月日が経ち2020年現在ではインターネットの普及にともない、
ゲームソフトのパッケージ販売とは別にダウンロードして遊べる仕組みが登場しました。
ユーザーからするといままでお店で直接購入するか、
インターネット上の販売サイトのどちらかだったので選択肢が増えたので喜ばしいことです。

前置きが長くなってしまいました。
今日の記事はゲームソフトのパッケージ版とダウンロード版どちらを買えば良い?という話です。

この記事では下記の方向けに書いています。
・ゲームソフトのパッケージ版とダウンロード版の違いを知りたい
・ゲームソフトのパッケージ版とダウンロード版のそれぞれの長所と短所を知りたい
・どちらを買えば良いのか未だに分からない

先に結論を書きます。

使用頻度が高いゲームソフトや、
ゲーム機本体を占有する時間が長いゲームソフトはダウンロード版を買いましょう。

それ以外の売る可能性があったり、知人や友人に貸す、
コレクションとして置いておきたい人はパッケージ版を買いましょう。

スポンサーリンク

ゲームソフトのパッケージ版の長所と短所

まずパッケージ版でもダウンロード版でも一長一短があり、
極端にどちらが良くてどちらが悪いといったことはありません。

パッケージ版の長所と短所は下記になります。

パッケージ版の長所と短所
長所・綺麗に装丁された表紙を棚に飾ることができる
・遊び終わったあと店頭やメルカリなどで売却できる
・友達や知人と貸し借りできる
・移動先にゲーム機本体があればゲームソフトを持っていくだけで遊べる
・ゲームソフト取り扱い店舗だと定価よりも安く買えることが多い
・新作ソフトを買う時に予約特典が豪華なことが多いい
短所・店頭に買いにいかなければいけない
・Web販売店舗で買っても発売日の何時に届くか分からない
・ディスクや端子部分の破損/紛失/盗難があると遊べなくなる
・増えてくると収納場所を確保する必要がある
・違うゲームで遊ぶ場合は都度ディスクを入れ替える必要がある
・人気ソフトだと品切れの可能性がある

(長所)綺麗に装丁された表紙を棚に飾ることができる

ゲームソフトの他にお菓子/本/映画DVD&ブルーレイ/ゲーム/音楽CDなど、
ユーザーの手に取ってもらえるかどうかの一次情報はなにか分かりますか?

ずばり!パッケージの装丁(そうてい)です。

お菓子であれば「お!これは美味しそうだ」
洋画DVDであれば「お!これは感動しそうだ」
ゲームソフトであれば「お!これは面白うそうだ」といったように、
自分の中にしかない直感を感じることって日常生活を送っていてよくありますよね。

ゲームソフトも遊んで終わりではなく、
コレクションとして棚に保管して眺めるのもアリだと思うんです。

(長所)遊び終わったあと店頭やメルカリなどで売却できる

仮に欲しいソフトが「ONE PUNCH MAN」「仁王2」だとします。
私は今でこそ社会人なので学生の頃と比べると使えるお金はあるので両方とも買えるので、
ゲームソフトを買うことに金銭面で大きな敷居にならないんです。

しかしこれが学生であればどうでしょう?
少ないお小遣いやお年玉からやりくりしていて、
「仁王2」「ONE PUNCH MAN」のどちらを買おうかと二者択一を迫られます。

であれば先に発売された「ONE PUNCH MAN」を購入し、
遊び終わったら売って「仁王2」の購入資金に充てることが可能です。

「ONE PUNCH MAN」は定価‭8,360‬円(税込)で、
定価の35%である3,000円(定価の35%)で買い取りしてもらえます。
(注:2020年3月11日現在の価格)

(長所)ゲームソフト取り扱い店舗だと定価よりも安く買えることが多い

来月発売される「ファイナルファンタジーVII リメイク 」は、
その名の通り「ファイナルファンタジーVII」のリメイク作品です。

さまざまな種類のマテリアを育てあげたり、
個性豊かなキャラクター達が勢ぞろい、
まさかのディスク3枚組で圧倒的なボリュームのゲームでした。
発売当時、中学生だった私がドハマりしたゲームのリメイク作品です。

35歳とおっさんに片足(いや両足だろ)突っ込んでしまいましたが、
当時の少年のように発売日を今か今かとめちゃくちゃ楽しみにしています。

この「ファイナルファンタジーVII リメイク 」は定価だと9,878円(税込)となかなか高く、
「昔のスーパーファミコンのソフトかよ!」と思わずツッコミしてしまったほどです。

それでもゲームソフト取り扱い店舗やWeb販売店舗で、
amazon.co.jpだと8,064円、ヨドバシ.comだと8,890円と、
パッケージ版だと定価よりすこし安く買えちゃいます。

(短所)Web販売店舗で買っても発売日の何時に届くか分からない

あなたは新作ゲームソフトをWeb販売店舗で買ったとします。
そこでネックとなるのがいつ自宅ポストにゲームソフトに届くかという点です。

amazon.co.jpで買おうがヨドバシ.comで買おうが、
発売日当日にゲームソフトが自宅ポストに届くことはあっても、
何時に来るかまではこちらで指定することはできません。

つまり発売日に届くにしても、
荷物の配達時間帯のどこかであって何時に届くか分からないのです。

楽しみにしている新作ゲームソフトほどその日が待ち遠しく、
ゲームを趣味としている人ほど1分1秒でも早く遊びたいと思いが強いでしょう。

私も「モンスターハンターワールド」の発売日は有給とってまで、
朝から晩までずーーっと画面にくぎ付けで遊んでいましたから。すごく分かります。
(ちなみに昼ご飯はすぐゲームに戻れるようカップ麺という徹底ぷり)

だからこそ期待値の高いゲームソフトほどすぐさま遊びたい場合は、
実店舗(それでも朝10時)に買いに行くかダウンロード版がオススメです。

(短所)ディスクや端子部分の破損/紛失/盗難があると遊べなくなる

これはパッケージ版ならではですよね。

「Play Station4」であればディスクの裏面、
「Nintendo Swich」であればカートリッジの端子部分、
それぞれゲームを読み込むための繊細な部分にあたります。

パッケージ版だとこのゲームを読み込む部分を傷つけてしまったり、
ゲームソフトそのもの盗難や紛失してしまう可能性はゼロではありません。

ちなみに私の失敗談として、
「Nintendo 3DS(ポケモンBW限定バージョン)」にポケモンBW2のソフトを入れたまま、
ショッピングモールのトイレに置き忘れてしまい、取りに戻るも跡形もありませんでした。
(遺失物届だしたけど返ってこなかったです。)

ゲームソフトのダウンロード版の長所と短所

パッケージ版でもダウンロード版でも一長一短があり、
極端にどちらが良くてどちらが悪いといったことはありません。

ダウンロード版の長所と短所は下記になります。

ダウンロード版の長所と短所
長所・発売日(日付が変われば)すぐに遊べる
・物理的な収納場所がいらない
・ディスクや端子部分の破損/紛失/盗難されない
・ディスクを入れ替える必要がなくすぐに他のゲームを遊べる
・価格がパッケージ版(定価)に比べると安い
・品切れの心配がない
・お店に買いに行く必要がない
・ゲームのロード時間が早い  
短所・ゲームソフトを店頭に売ってお金にすることができない
・セール以外は基本的に定価で販売される
・移動先で遊ぶにはゲーム機本体が必要
・ダウンロードするにはインターネット環境が必要

(長所) 発売日(日付が変われば)すぐに遊べる

パッケージ版で書いた箇所と重複しますが、
ダウンロード版は発売日の0時(24時)になれば即遊べてしまいます。

パッケージ版であれば開店が10時でプレイ開始が10時30分くらいなのに対して、
ダウンロード版は0時(24時)からずっと遊んでいると、単純に10時間30分の差が開きます。

私が最近遊んだ「侍道外伝 KATANAKAMI」であれば、
10時間あればストーリーをクリアできちゃいますからね。

パッケージ版とダウンロード版とのスタートダッシュの差が大きいと思いますね。
オンラインゲーム要素のあるゲームだとなおさらです。

(長所)ディスクを入れ替える必要がなくすぐに他のゲームを遊べる

「ずっと同じゲームを遊び続けるのはちょっと辛い」
「気分転換で別のゲームを起動することが多い」

私も「ドラクエⅪ」を遊び続けるには集中力が続かず、
なによりRPGというジャンルに飽きてきちゃうんで、
アクションゲーム(私の場合「オーバーウォッチ」)をしたくなります。

こういう時、PS4本体に入っているディスクを取り出して、
これから遊びたいゲームのディスクを挿入するの地味に面倒くさいですよね。

PS4だろうがNintendo Swichだろうが、
ダウンロード版はホーム画面に戻り
そのまま遊びたいゲームを選択するだけめっちゃ楽です。

(長所)ゲームのロード時間が早い

ゲーム機本体、外部記憶媒体(メモリーカードやSSD)、ゲームソフト(ディスク)、
じつはロード時間がそれぞれ違うと知っていました?
私はこの記事を書くまで知りませんでした。

Nintendo Swichのゲームカード(パッケージ版)、
本体内蔵メモリ(ダウンロード版)、microSDの3種類で検証されている方がいて、
その結果、本体内蔵メモリ(ダウンロード版)がいちばん速い結果が出ていました。

(短所)ゲームソフトを店頭に売ってお金にすることができない

ゲームを遊んでいて途中で飽きてしまったり、
1度クリアしたらもう遊ばなくなったら店頭に売る派の方にはオススメできません。

新作ソフトは発売日と共に買取価格が設定され、
どんな人気のゲームであろうと徐々に買取価格が落ちてきます。(ゲームの消費期限)

パッケージ版では任意のタイミングで売ることができますが、
そもそも手元にゲームソフトがないのでダウンロード版ではその行為すらできません。

(短所)ダウンロードするにはインターネット環境が必要

インターネットが一般家庭にここまで普及している現代で、
家にインターネット回線ないんだという方は少ないと思います。

ただ「うちはインターネットがないから完全オフラインゲームで遊んでいるぜ」という方は、
インターネットからゲームを落としてくるダウンロード版は遊べないので注意してください。

【PS4】ゲームソフトのパッケージ版でもダウンロード版でもストレージ(容量)の消費は同じ

ゲームソフトのパッケージ版はダウンロード版に比べて、
ゲームのセーブデータだけなのでダウンロード版より、
ストレージ(容量)の消費が少ないと思いがちです。

それ実は間違いです!

HDD(ハードディスクドライブ)にフルインストールされるので、
パッケージ版でもダウンロード版でも使用ストレージ(容量)は同じです。

実は私もこの記事を書く前まではパッケージ版の長所として、
ストレージ(容量)の消費が少ないことを書いていました。
調べていくとPS4に関してはどうやら同じなので消しましたw

以降、参考にしたブログの記事を引用しています。

モンハンワールドのインストール容量は16GBであることがわかりました。16GBのゲームデータは、パッケージ版であってもダウンロード版と同様にPS4本体へフルインストールされます。
引用:【MHW】ダウンロード版とパッケージ版の違い、インストール容量は?

しかしPS4ではパッケージ版もディスクのデータを本体にすべて読み込み・インストールする仕様となっているため、HDDの容量を必要とするようになりました。

インストール版もパッケージ版も必要とするHDD容量は変わらないので注意しましょう。
引用:PS4ソフトはDL版とパッケージ版が。それぞれの特徴・おすすめポイント。ダウンロード版はすぐに遊べるが売れない。パッケージ版は買いに行く手間がかかるが中古販売できる!

【結論】ゲームの起動頻度が長いor占有する時間が長ければダウンロード版を買おう

「で、結局パッケージ版とダウンロード版のどっちを買えばいいのか分からない」

安心してください。
この場合、片方のダウンロード版で買うべき基準を決めました。

ダウンロード版で買った方がいい基準は下記の2点です。
①遊ぶゲームを起動する頻度が高い
②遊ぶゲームがゲーム機本体を占有する時間が長い

【①ゲームの起動頻度が高い】
分かりやすいゲームソフトで例を出すと、
「どうぶつの森」「リングフィットアドベンチャー」です。

「どうぶつの森」では魚を釣ったり、虫を捕まえたり、買い物したりと、
1日でできることって思いのほか少なく1~2時間あれば終わってしまいます。

「リングフィットアドベンチャー」も同様で、
1ステージ10分~15で3ステージ(30分~45分)すれば汗がだくだく垂れてきて、
「今日はもうこの辺にしといたるわ」と自然とクールタイムに移行します。

この2つのゲームソフトは長い時間、遊ぶ必要が無い代わりに、
1日短時間で遊べば良いという共通点になります。

【②ゲーム機本体を占有する時間が長い】
こちらは私を例に出してみると「モンスターハンターワールド」です。

さきほど書いた通り「モンスターハンターワールド」の発売日に有給を使い、
仕事がある平日でも寝る前のちょっとした時間ですら遊んでいたぐらいです。
ほぼ毎日PS4本体を起動していてすさまじい稼働率だったと思います。

つまりゲーム機本体を占有する時間が長いようであれば、
気分転換に他のゲームを遊ぶにしてもダウンロード版であればすぐに戻れます。

【ゲームの起動頻度が高い】
毎日の起動もしくは推奨されているゲームソフトはダウンロード版をオススメです。

【ゲーム機本体を占有する時間が長い】
ハマるとずっと1本のゲームを遊び続けるけど、
たまに別のゲームで気分転換をするという方もダウンロード版をオススメします。

仕事から疲れてきて「どうぶつの森」で癒されようかなと思っても、
Nintendo Swichに他のゲームソフトが入っていたら場合、
そのゲームソフトを抜いて「どうぶつの森」を挿入しなければいけません。

入れ替えるの面倒くさくなりません?

「あぁ…疲れてるし入れ替えるの面倒くさくてもう良いや!また今度!」となり、
「どうぶつの森」では雑草が生え、家にGが発生と悲惨な結果になってしまいます。

最後に

まとめるとこんな感じです。

・使用頻度が高いゲーム(1日1回起動)はダウンロード版
・長時間本体に入れて遊び続けるゲーム(ゲーム機本体を占有)もダウンロード版

上記以外
・遊び終わったら売りたい人はパッケージ版
・コレクションとして残したい人はパッケージ版
・知人や友人と貸し借りするの人もパッケージ版

ちなみに私は基本的にパッケージ版です。
昔は取扱説明書が封入されていて読むのもまたワクワクさせる楽しみがあった名残と、
PS4ケースが増えていき並べていくのが好きで集めてしまうんですよね。

ちなみに「どうぶつの森」はダウンロード版で既に購入済みです。
やはり毎日気軽に遊べないと意味がないと思いますからね。

ではでは本日はこんな感じでばいきゅ!

コメント